仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 九士会・RU > RU開催記録 >    

RU平成29年2月例会映画"五つの銅貨"共同鑑賞会開催報告

平成29年 2月16日:初稿
○「RU平成26年3月例会出会いの会報告」以来、3年ぶりにRU(ライジングアップ)の話題です。
平成29年2月15日は、当事務所内ツルカメ第一スタジオでRU平成29年2月例会を開催しました。繰り返し記載していますが、RU(ライジングアップ)は、昭和56年頃設立された異業種交流グループで、私も昭和59年に参加し、以来、33年を経過しました。参加当初33歳の若き弁護士も、前期高齢者になっています。

○このメンバーの一人「鈴屋金物株式会社」社長鈴木誠一氏作成HPの「RUメンバー」に現在の会員がほぼ掲載されていますが、平成29年は3年程前に参加された関根進会員が1巡目会長で、「映画で音楽を楽しむ」との企画で、第1回目が、アメリカの古き良き時代の映画「五つの銅貨」でした。

○ツルカメ第一スタジオは、昼は、小松法律事務所会議室で、最大11名のメンバーで、10台中合7台のディスプレイが同じ映像を映せるようになっており、私がお客様と打ち合わせをしながら、パソコンで打ち込む画面を11名のお客様に同時にお見せして文章作成が可能になっています。11名も集まることは滅多にありませんが、4,5名のお客様に3台程度のディスプレイを見て頂くことはしょっちゅうやっております。

○今回は、PC画面ではなく、テーブル下に密かに配置しているBDプレーヤー映像を7台のディスプレイで同時に映して、6名の参加者で映画「五つの銅貨」を鑑賞しました。関根会長は、筋金入りのジャズファンで小学校時代からジャズ映画を繰り返し鑑賞したきたとのことです。「五つの銅貨」は小学校高学年時代、初めてTV放映された物を鑑賞して大感激し、その後、映画館でも鑑賞したとのことです。

○私は、ジャズは前記鈴木誠一氏主催ビバップスの演奏会で聴く程度で、自ら好んで聴くことはなく、「五つの銅貨」も、今回の鑑賞会のためアマゾンから927円で購入して初めての鑑賞でした。Yahoo!映画情報によると「5つの銅貨 (1959) 」「ジャズ・プレイヤー、レッド・ニコルズの半生を描いた伝記的作品。娘の小児麻痺で一度はジャズを捨てた彼が、再びカムバックするまでを感動的に描く」と解説されていますが、父と娘の愛憎を巡ってホロリとさせられる場面が多く登場します。

○ジャズを殆ど知らない私でも知っている有名なルイ・アームストロングが実物で、名前だけは知っているグレン・ミラーが他の役者で出てきますが、ジャズ好きにはたまらない映画と思われます。放映終了後の鑑賞感想披露会では、グレン・ミラーは第二次世界大戦で戦死したはずなのに映画では戦後の場面に出てきたのではないとの細かい意見が出され、再度、確認する必要が出てきました(^^;)。
以上:1,120文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 九士会・RU > RU開催記録 > RU平成29年2月例会映画"五つの銅貨"共同鑑賞会開催報告