仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 桐・IT等 > その他桐・IT等 >    

ブログの効用-ブログはビジネスに有効か?

平成24年 9月 7日:初稿
○平成16年(2004)年8月1日から毎日飽きることなく更新を継続している当HPトップページ最上部真ん中付近に「サイト内全検索」の小窓があり、ここで当HP約3500頁の検索が出来ますが、平成24年9月7日付け更新前時点で、「ブログ」と入れると96件ヒットしますが、「ブログの効用」と入れると「検索結果は0件でした。」と表示されます。この時点で当HP全3490頁には、「ブログの効用」との文言はなく、どうやら、当HPはブログとしての効用はなさそうです(^^;)。

○弁護士ブログで有名なサイトと言えば何と言っても”弁護士落合洋司(東京弁護士会)の「日々是好日」 ”で、私もほぼ毎日訪問していますが、平成24年9月6日記事に”今だから「ブログ」がビジネスで使える理由 ”との記事紹介があり、その感想として、
「商売っ気を強く出し過ぎると、嫌らしい、あざといブログになってしまい敬遠されがちですが、しっかりとした、読む人の参考になりおもしろいと思ってもらえるブログを継続して書くことができれば、書き手の真価を知ってもらえ、その人がやっている仕事の関係でも、では相談してみようか、頼んでみようか、といったことにつながりやすいでしょう。
ブログは、やはり、まずは継続することが大切で、継続する上ではネタの確保が重要ですから、どういったところにネタを求めるか、ということを工夫する必要があります。」
と記述されています。

○この「しっかりとした、読む人の参考になりおもしろいと思ってもらえるブログを継続して書くことができれば、書き手の真価を知ってもらえ、その人がやっている仕事の関係でも、では相談してみようか、頼んでみようか、といったことにつながりやすいでしょう。」は、全く同感です。しかし、「しっかりとした、読む人の参考になりおもしろいと思ってもらえるブログ(記事)」を毎日書くのは至難の業です。私も毎日、記事を書いていますが、「しっかりとした、読む人の参考になり、且つ面白いと思って貰える」ものは、あったとしてもごくごく少数で、僅かの割合です。

○繰り返し、繰り返し記載していますが、私のHPは、「自己満足」が目的であり、詰まるところ私自身のための人生データベースの構築であり、他人が読んでどう思おうが、そんなことはどうでもよい、自分が満足すればそれでよいとの、徹底したポリシーを持っています。このポリシーに徹底すると、こんな事を書いたら他人に何と思われるだろうか、なんて気にすることがなくなり、何でも自由に書き散らすことが出来、実際、私は、平成16年8月1日以来、他人が読んでも何にもならない記事を毎日書き散らし続けてています(^^;)。

○で、この「ブログの効用」ですが、これまでの3490頁の中での「ブログの効用」との文言検索結果は、「ゼロ件」でしたが、全然ないわけではないと自惚れています。どうでも良い記事でも、毎日書き続けていると、中には他人が読んで役に立つ記事も出てくるようです。当HPトップページアクセスは、1日200~300程度で微々たるものですが、全体では毎日2000~3000のアクセスを頂き、現在、取扱事件では、特に交通事故事件は8割が、男女問題事件では5割がこの毎日書き連ねている記事を見て相談され、事件として受任したものです。

○で、「ブログの効用」は、「多少はある」というのが、私の結論ですが、そのためには「しっかりとした、読む人の参考になり、且つ面白いと思って貰える」記事も必要です。しかし、毎日、そんな記事を書けるわけがなく、「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」と思って、毎日、書き続けることが重要と確信しており、これからも毎日飽きることなく、「下手な鉄砲」を数多く撃っていきます(^^)。毎日書き続けるコツは、と聞かれたら、他人の目は気にせず、自己満足に徹することと答えていますが、参考になりませんね(^^;)。

以上:1,602文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 桐・IT等 > その他桐・IT等 > ブログの効用-ブログはビジネスに有効か?