仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 桐・IT等 > データ通信等 >    

持ち運び用大型?ディスプレイ利用開始

平成24年 9月 6日:初稿
○「出張先ホテル等でのパソコン使用体制の不満点等」で、「TeamViewerを利用するようになってからは、出張先ホテルで、ノートパソコン、ディアルディスプレイとしてのLCD-10000Vを並列し、時に、iPad2も並べて必要文献を開き、ノートパソコンで、直接、事務所サーバーのファイルを開いてホテルの一室が事務所の一室と化して、仙台から遠く離れた場所でも、事務所内のクライアントパソコンを使用する感覚で業務をすることが出来るようになりました。」と記載していました。

○しかし、「初めてのソニー以外ノートパソコン東芝dynabook購入」記載の通り、当時使用していたソニー製超薄型ノートパソコンVPCX119KJ/Bは、CPU能力が低いため高い能力が必要なスカイプ利用等に不便なこと、11.1型ワイドの狭さでTeamViewer利用に不便なことから、高いCPU能力を持ち且つ最低13インチワイド程度のノートパソコンを物色し、平成24年1月、私の求めに最も合致しているノートパソコンとして東芝dynabookR731/38Dを購入し、合わせてディアルディスプレイとして、テックウインド株式会社の13.3インチワイドON-LAP1301(1366×768)を購入して利用してきました。

東芝dynabookR731/38Dとテックウインド株式会社の13.3インチワイドON-LAP1301(1366×768)
 

○ところが、この13.3インチワイドON-LAP1301ですが、以下の写真の通り、購入後未だ8ヶ月程度のところ、VGAケーブル差し込み口の不備のため接触が悪くなり、RGBのいずれかが通電せず、画面全体がが赤みがかって表示されるようになりました。ケーブルが出口で直ぐに曲がる構造のため接触不良になったもので、構造上の欠陥とも言えます。そのため東京滞在中の平成24年9月4日、その後継機種である13.3インチワイドON-LAP1302(1366×768)をヨドバシ秋葉原店で購入し、早速、セッティングしてみると、何と、中央に2本の線が走る初期不良品で、且つ、映像も締まりがなくボヤッとした感じで印象の悪いものでした。
  

○13.3ワイドは使用当初は、従前の11.1ワイドよりは大きく重宝に感じましたが、やはり、たちまち、もっと大きい画面が欲しくなっていたこともあり、13.3インチワイドON-LAP1301(1366×768)が不調になり、且つ、購入した後継機種13.3インチワイドON-LAP1302(1366×768)も初期不良から購入をキャンセルして、思い切って、旅行用持ち運び用としては超大型とも言える大型旅行バッグにぎりぎり押し込める19インチのディスプレイを購入しました。国産プリンストンテクノロジー株式会社のPTFBCF-19W(1440×900)です。

東芝dynabookR731/38Dとプリンストンテクノロジー株式会社のPTFBCF-19W(1440×900)
 

○上記写真の右側がプリンストンテクノロジー株式会社のPTFBCF-19W(1440×900)ですが、これだと事務所に居るときと殆ど変わらない感覚で、事務所サーバーファイルのデータ入力が出来ます。どんどん東京にも出張して、東京の事件も受任しようかなどと、大それたことを考えております(^^)。
以上:1,379文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 桐・IT等 > データ通信等 > 持ち運び用大型?ディスプレイ利用開始