仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 桐・IT等 > 桐なんでも >    

桐9ー2012へバージョンアップ

平成23年10月 5日:初稿
管理工学研究所HPの桐トップページで日本語データベースシステム桐が、
2011.09.29 「桐9-2012」の出荷を開始しました。
桐9シリーズは更新プログラムでバージョンアップできます。

とアナウンスされています。桐はエクセルに合わせて細かいバージョンアップが繰り返されており、桐の履歴に記載されています。当事務所で使用している桐は、桐9ー2009aですが、このバージョンアップがいつだったかは、記憶が曖昧です。

○桐9ー2012仕様変更概要は、以下の通りです。
1.対応OS追加
・Windows 7 (32ビット版/64ビット版)
但し、Windows 7 の64ビット環境で使用した場合でも、桐は32ビットアプリケーションとして動作し、64ビット版のODBCドライバは桐で使用することができないとのことです。

2.対応Excel追加
・Microsoft Excel 2010
・Microsoft Excel 2007
・Microsoft Excel 2003

3.対応ネットワークサーバー追加
・「Windows Server 2003」以上のWindowsサーバー
・Windows 7、Vista、XPのピアツーピアサーバー
※ 「Windows Server」には桐のデータファイルを保存し、「ファイルサーバー」として利用する等の説明がありますが、意味不明です(^^;)。当事務所では既に2008サーバーに桐ファイルデータを置いております。

4.「クロス・エクセル」が「クロス・エクセル ver.2」に変更
Excelファイルを表ファイルに変換する場合
「桐9-2012」では、各項目のデータ型を「データ行の先頭1行目から8行目までを評価」して決定します。 このため、9行目以降にそれまでとは違うデータ型の値がある場合は変換不能となり、データが抜けたり一部が欠けたりすることがあり、この場合は、変換の際にデータ行の先頭にダミーのデータ行を設け、「桐でどのようなデータ型で処理すべきかを明示する」などの工夫をしてください

との説明ですが、却って面倒になったような気もします。

5.表の「共有オープン」設定が追加
表ファイルを直接開く際、「共有」で開けるようになりました(環境設定)
とのことですが、これまでの「共有」設定したフォームで開いており、私にとっては余り意味がないようです。

6.テンプレート仕様変更
テンプレート機能を使用して表ファイルを作成した場合、「zipk3.tbl」の表引き設定はいたしません。
とのことですが、テンプレートを使用することはなく、私にとっては関係ありません。

○以上見てくると、ハード、OS、エクセルの各環境変更に対応させただけで、桐自体の変更・発展は、殆どなさそうです。しかし、これから先、少なくとも私の現役時代は、使用継続が可能です。データベースソフト桐は、一覧表・レポートの印刷機能が、大変優れており、その表現力が最大の利点を思っております。私自身、その表現力を、十分には使いこなせてはおりませんが、折角のデータを説得力を持たせて使用するため、これからも生きている限り使用継続していきます。

以上:1,303文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 桐・IT等 > 桐なんでも > 桐9ー2012へバージョンアップ