仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 桐・IT等 > 桐なんでも >    

Windows7上で現行の桐9-2009をそのまま利用可能

平成21年12月 1日:初稿
○久しぶりに管理工学研究所HPに行ってみると桐9-2009Windows7対応年末キャンペーンをやっていました。
桐9-2009「Windows7」対応に関してとの記事では
桐9-2009の対応OSに「Windows 7」を追加しました。
Windows 7上で 現行の桐9-2009をそのままご利用になれます。
桐9-2009の対応OSは以下のとおりです。

桐9-2009 対応OS
Windows 7
Windows Vista
Windows XP(SP2以降)
Windows 2000 Professional(SP4)
(各日本語32bit版)
※64bit版「Windows 7」に関してはこちらをご覧ください。

と記載されています。

注意事項としては、
【フォルダに関して】
Windows 7ではセキュリティが大幅に強化された関係で、管理者以外のユーザには「C:\Program Files」下のフォルダ内のファイルを操作する権限がありません。
このため、「C:\Program Files」にあるファイルを直接編集・保存することはできません。
Windows 7をお使いの方は、「C:\Program Files」フォルダに桐をインストールしないようお願いいたします。
標準の「C:\K3」フォルダへのインストールをお勧めします。
また、データファイルの保存先としても、「C:\Program Files」下のフォルダは指定しないようにしてください。

との点だけのようです。
桐は64ビットアプリケーションではありません。64ビット版のWindows 7上でも32ビットアプリケーションとして動作します。」との点は気になるところですが、Windows7時代になっても桐は使えるようで、ホッとしたところです。

○当事務所では2003サーバーにクライアントパソコンを10数台設置しているところ、WindowsVistaは2003サーバーのクライアントに組み込めないと言うことで、結局、WindowsVista版パソコンは1台も購入しませんでした。WindowsVista版ノートパソコンを購入した友人のノートパソコンを使わせて貰うとマイコンピューターの使い方一つにしても大変使いづらく、WindowsVista版パソコンを購入する意欲は全く起きず、WindowsVista発売後もXP版しか購入しませんでした。

○問題は2003サーバーにWindows7版パソコンをクライアントとして繋げるかどうかです。当事務所はサーバーの設定は全て業者任せで私は全く知識がなく、勉強が必要です。

 とここまで記載していたら、早速、「ある専門家」から次のようなアドバイスを頂きました。貴重な情報提供有り難うございました。WindowsVistaは、全く導入する気になりませんでしたが、Windows7は導入してみようかという気になってきました。

*******************************************

今朝の小松さんのHPを拝見していてWindows7およびWindows Server 2003に係る問題がありましたので、早速、私の知識の範囲内でお答えしたいと思います。
Windows Server2003にはアクティブ・ディレクトリ(Active Directory 通称「AD」)と呼ばれる総合的なユーザー、クライアント管理の仕組みがあります。クライアントパソコンでサーバーのサービスを利用する場合にはこのADを利用して認証を受ける必要があります。いったん認証を受けたパソコンはユーザーがログインすることによっていつでもサーバーのサービスを受けることができます。
Windows Vistaでも問題なくADを通じた認証を受けることができます。

ただし、
Windows Vistaでもホームユース(Home Edition)のOSではもともとサーバーの利用を考慮していないので、ADを通じたサーバーの認証受けることができません。でもビジネスユース(Business またはUltimate)のWindows Vistaは問題なく認証を受けることができます。

事実、私の事務所のサーバーはWindows Server 2003 R2およびWindows Server 2008R2ですが、Windows Vista、Windows XP、Windows 7の各OSのクライアントを繋いでいます。

Windows 7は正式に発売される前の9月くらいから利用していますが、Windows Vistaよりははるかに使いやすく、私自身のメインのパソコンとして重宝しています。
Windows XPに代わるOSとしてWindows 7はお勧めです。事実、企業や役所でも更改の対象としてWindows 7を採用する動きが広がっています。

以上:1,998文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 桐・IT等 > 桐なんでも > Windows7上で現行の桐9-2009をそのまま利用可能