仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 桐・IT等 > 桐シンプルパーツ >    

表引き対象表伝票形式フォームによる表引き代用-仕掛2

平成20年 7月 4日:初稿
「表引き対象表伝票形式フォームによる表引き代用-表示状況」にも記載していますが、表形式編集における表引きは次のように表示されます。PL科目項目に"費用"とデータ入力すると表引き対象表である科目分類表.tblのPL科目項目"費用"の値項目であるPL明細項目データが表示されていますが、不要な"収益"のデータも表示されて半分の範囲を占め、肝心の"費用"に対応するPL明細データが全て表示されず、スクロールが必要な状態になっています。


○一覧表形式フォームで、表引き機能を利用するためには、入力支援ボタンのリストの種別を"表引き項目"とすると表形式編集と同様に表引き対象表を呼び出すことが出来、その表示状況は以下の通りです。

この場合も、上記の通り、不要な"収益"のデータも表示されて半分の範囲を占め、肝心の"費用"に対応するPL明細データが全て表示されず、スクロールが必要な状態になっています。

○この不要な"収益"のデータは表示されないようにして、且つ、必要な"費用"のデータは全て表示されるようにしたのが、以下の例です。


○このように表示するために、以下の通り、入力支援ボタンのリストの種別を"モーダルフォーム"として、選択値リストを"&STR,"科目分類表1.wfm"としているところがポイントです。


入力支援ボタンのヘルプでの解説は以下の通りになっています。

リストの種別:モーダルフォーム
[リストの種別]属性で「モーダルフォーム」を選ぶと、フォームを開くボタンになります。入力支援ボタンから開かれたフォームは、閉じるまでほかの作業ができなくなります。
入力支援ボタンの[選択値リスト]属性には、値の受け渡しを行なう変数名と、モーダルフォームとして使用するフォームのファイル名を指定します。

選択値 説明
<1.変数名> 値の受け渡しに使用する変数名をひとつだけ指定します。
ここで指定する変数は、組み込み、共通、固有のいずれかの種別でなければいけません。局所変数を指定することはできません。
<2.フォーム名> <1.変数名>に指定した変数に値を返すフォームのファイル名を指定します。

以上:865文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 桐・IT等 > 桐シンプルパーツ > 表引き対象表伝票形式フォームによる表引き代用-仕掛2