仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 桐・IT等 > データ通信等 >    

PHSカードのAir-Hでのネット接続は不便

平成19年 9月10日:初稿
○平成19年9月9日早朝からBフレッツが使えず光ファイバーによるネット接続が出来ない状況が続いています。当事務所サーバーはNECの2003サーバーのExpress5800/110GcーCを使用し、ここにNTTのモデムVHー50ⅡEからルーター経由で各クライアントパソコンに繋ぎ、事務所だけでなく自宅にある数台のクライアントパソコンでも光ファイバーが利用できるようになっています。

○そこで自宅からもBフレッツによる快適なネット環境でネットにアクセスできるのですが、肝心のVHー50ⅡEに光ファイバーが繋がっていないためクライアントパソコンからのネットアクセスが出来ない状況です。

○このような場合は、私が出張用に利用している「僅か780gの軽さ、9.7mの薄さを実現」が謳い文句のソニーノートパソコンVAIO PCG-X505CPだけでPHSカードのAir-Hを使ってのネット接続になります。

○このAir-Hでの接続速度は128/Kbsで、光ファイバーの50M(実測25M位)に比較して遙かに遅く、且つソニーノートパソコンVAIO PCG-X505CPのCPU能力が低いため一層スピードが遅く感じて、目の前に遙かに快適に使えるはずのクライアントパソコンがあるにも拘わらず、このノートパソコンでしか、ネットにアクセスできない事は不便極まりません。

○先日、ヨドバシ仙台店でPCG-X505CPよりもCPU能力の高いノートパソコンを探したところ、重さが1㎏を切り、OSレベル、CPU、HD、収納ソフト等をオプションで選択でき、全て最高位の装置をつけても25万円程度というものを見つけ、相当気持が動きOSをビスタではなく、XPで使いたいと伝えたところ、残念ながらOSはビスタだけでXPは使えないとのことで購入を諦めました。

○ビスタ板桐は既に発売されていますが、その他のソフトの対応状況等種々の情報からビスタはまだ実務使用には耐えないとの感想を持っており、後2年くらいはビスタ利用は様子を見るつもりでおり、もうしばらくはノートパソコンはPCG-X505CPで我慢するしかありません。

○「僅か780gの軽さ、9.7mの薄さを実現」し且つ高いCPU能力を有するノートパソコンが発売されれば購入も検討したいところですが、残念ながらこのサイズのノートパソコンはその後は発売されていません。
以上:976文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 桐・IT等 > データ通信等 > PHSカードのAir-Hでのネット接続は不便