仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 桐・IT等 > データ通信等 >    

スカイプは便利-充分実務使用に耐えます

平成19年 5月 9日:初稿
○被害者の方は宮城県外居住で、仙台に住むご身内のAさんが、被害者ご本人よりも事故による損害内容等を良く知っており、専ら仙台にいたAさんと打ち合わせをして訴状を作り提訴した交通事故事件があります。Aさんは、例えば入通院記録、事故に伴う各種出費記録等殆どのデータをエクセルに整理してメールでお送り頂き、エクセルを相当程度使いこなされていました。

○私はエクセルは殆ど使えないので、エクセルデータを桐データに変換し、桐データとして各種加工をして、訴状、準備書面等実務使用データを作りますが、単なるテキストデータより、エクセルデータとして頂くと、桐に変換しやすく、大変助かっていました。

○ところが、Aさんが、裁判途中で、事情により関東方面に引っ越すことになり、打ち合わせの度に仙台に来ることが困難な状況になりました。Aさんのエクセル通ぶりから、スカイプを使えませんかと、尋ねると使っていますとのことで、今後は、スカイプ利用で打ち合わせをしましょうと言うことになりました。

スカイプ (Skype)とは、「パソコン用のソフトのことで、このスカイプ (Skype)を使うと安全でかつ無料で、世界中の人と インターネット電話(IP電話)ができるようになり、さらに、USBカメラがあれば、テレビ電話、テレビ会議が無料でできます。」との音声通話ソフトで、桐師匠【多遊】さんや保守業者の島さんとの間では1年以上前から良く使用していました。スピーカーから音を出し受話器が不要で両手が自由なのでパソコンを使いながら会話が出来ます。

○先般、関東方面にいるAさんとスカイプを利用して、事件の打ち合わせをしました。当初、webカメラも使用してAさんのお顔の映像まで送信され、TV電話としてかけてきました。私の方はwebカメラはもっていますが、数年前にその付録ソフトで実験してみると殆ど実務使用に耐えないものでしたので、スカイプにカメラは使用しておりませんでした。

○当初、スカイプの音声にザーザー雑音が入り、且つ音声も途切れることがあり、Aさんにwebカメラを外して頂くと、雑音がスッキリと消えて、クリアな音声で、バッチリ打ち合わせが可能になり、1時間ほどかけて所期の打ち合わせが出来、必要な書面も作成できました。

スカイプ (Skype)の最大利点は、電話代が無料なので時間が全く気にならないことです。更に最大5人まで世界中の人と同時に通話することが可能とのことで、【多遊】さん、島さんと3人でスカイプ利用の打ち合わせをしたこともあります。先日は、裁判途中で本国に帰国したBさんともスカイプ利用で打ち合わせをしましたが、今後、大いに利用していこうと思った次第です。

以上:1,109文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 桐・IT等 > データ通信等 > スカイプは便利-充分実務使用に耐えます