仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 桐・IT等 > パソコン全般 >    

デジカメ動画ファイルとメディアプレーヤー

平成17年12月 3日:初稿
○私は現在デジカメとしてソニーサイバーショットDSC-T7と同DSC-M2と使用しています。DSC-T7は軽量で胸ポケットに楽に入る軽さが、又DSC-M2は、最新バージョンのMPEG4形式動画ファイルが撮影でき且つ動画撮影時でも3倍ズームが使えることがそれぞれ利点で、撮影用途によって使い分けています。

DSC-T7でも動画撮影が出来、ファインモードで撮影しメディアプレーヤーで再生していますが、デジタルビデオで撮影した画面に比較しそれほどの遜色はありません。しかし、DSC-T7では静止画撮影時に使えるズームが、動画撮影時には使えない難点があります。

○これに対しDSC-M2は静止画でも動画でも3倍ズームが使用でき、且つ動画撮影時間がMPEG4形式のため同じ記憶容量でも3倍以上長く、2Gのメモリースティックだと90分の連続撮影が可能です。

○MPEG4形式ファイルの問題点は、メディアプレーヤーで再生するときに拡張設定を表示しての色合いや明るさ調整が出来ないことです。DSC-T7で撮影したMPEG1形式ファイルの場合、拡張設定を表示しての色合いや明るさ調整が可能です。

○デジカメでの動画撮影は、DSC-T7DSC-M2何れでもポーズ(一時停止)が出来ないことが大変不便です。停止すると完全に止まって一ファイルになってしまい、その後撮影分は別ファイルになります。私がまだ十分使い方が判っていないためかも知れませんが、マニュアルを見てもポーズ(一時停止)の方法は不明です。これが出来ればデジタルビデオと同様の撮影が可能になるのですが。

○しかしなんと言ってもデジカメで撮影した動画ファイルはパソコン画面で見ることが出来るのが最高に重宝です。おそらくこれからはビデオもデジカメでパソコンファイルとして撮影する時代になると思うのですが、まだまだ機能的には不十分であり、今後の充実を期待しています。
以上:790文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 桐・IT等 > パソコン全般 > デジカメ動画ファイルとメディアプレーヤー