仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 桐・IT等 > 桐シンプルパーツ >    

フォームサイズ大小調節

平成16年11月25日:初稿 平成21年 3月13日:更新
フォームサイズ大小調節は、パソコン画面のフォームサイズを調節して最終的には、文字の大小調節をすることです。
当事務所のFAX通知書作成フォームの基準(デフォルト)サイズは以下のものです。



これをコマンドボタンの機能名ズームインを使った10%拡大すると次のようになります。


同様にコマンドボタンの機能名ズームアウトを使って10%縮小したものは次のようになります。


コマンドボタンの機能名ズームイン・アウトの場合、10%刻みで拡大・縮小され、刻みが大きすぎて不便を感じ、1%刻みが出来ないものか考え、【多遊】さんの掲示板で質問して、ご教示頂いき、次のようなごく簡単なイベントで1%刻みが実現できました。

先ずイベントのメイン部で以下のように変数定義を置きます。
変数 整数{&表示倍率}
&表示倍率=120

&表示倍率は、私のパソコンの場合、初期値としては120が丁度良いのですが、各パソコン画面の解像度により異なる数字で結構です。

次に手続定義実行の機能パラメータリストをズームインとして次のようなイベント定義を置きます。
手続き定義開始 ズームイン()
 &表示倍率=&表示倍率+1
 メソッド呼び出し @フォーム.表示倍率の設定(&表示倍率)
手続き定義終了


このように僅か2行のプログラムで、フォームサイズ大小調節を1%刻みで実現できます。


以上:558文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 桐・IT等 > 桐シンプルパーツ > フォームサイズ大小調節