仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 桐・IT等 > 桐なんでも >    

環境設定が重要(未完成)

平成16年10月22日:初稿 平成17年 1月 8日:更新
私は、桐を合理的に使用するには、その初期値を設定する環境設定が極めて重要と思っておりますが、初中級者は意外にその重要性を意識していません。
そこで私なりの環境設定のポイントを披露します。

先ず環境設定の初期画面は次の通りです。


■全般タブ
私は、「ファンクションバーを使用する」と「検索継続のダイヤログを表示する」だけをチェックしています。
ファンクションバーを使用しない方が画面を広く使えますが、慣れたものを消すのが嫌なので表示しています。

問題は高度な設定の【「#表引き」関数の表を共有→参照の順に開く】です。
ヘルプでは、
この項目をONにすると、#表引きや#表引き2で使用する表引き表を、まず共有参照モードで開き、開けないときは参照モードで開き直します。
この項目がOFFのときは、まず参照モードで開き、つぎに共有参照モードで開きます。

と解説されています。

参照モードと言うのは、正確には「専有参照モード」と言う意味のようで、当事務所のように、データはサーバーに置いて殆ど全てのファイルを共有で使用している場合、【「#表引き」関数の表を共有→参照の順に開く】をチェックしておかなければならないようです。

■フォルダタブ



■日時型・時間型タブ




■表の表示タブ




■表の書式タブ




■印刷タブ




■一括タブ




■外部データベースタブ




■変換タブ





以上:552文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 桐・IT等 > 桐なんでも > 環境設定が重要(未完成)