仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 桐・IT等 > HP全般 >    

誤用例紹介

平成16年10月14日:初稿 平成17年 5月15日:更新
岡口HPのお陰で昨日も563ものアクセスがありました。有り難うございました。

アクセスが増えたお陰で、相互リンク案内等DMも頂き、中には、法曹の大先輩から、用語の誤用のご指摘も頂きました。有り難いことです。
ご指摘は、「人と法律」の「ある覚醒剤事件1」で被告人の「更生」とすべきところ、「更正」となっていたことです。校正ミスで、良くあるミスですが、特に法曹としては、やってならないミスでした。

このような校正ミス、誤用は他のコンテンツにも多々あると思います。ご気付きの方にはご指摘メールを頂ければ幸いです。

「人と法律」について文章中の小見出しを整理し、太文字化するなど読みやすくなるよう更新しました。
今後も少しずつでも各コンテンツの整理、充実に努めたいと思っておりますので宜しくお願い申し上げます。

尚、誤用例について、長くなって恐縮ながら、かつてML仲間に出題した例を掲載します。

以下の18例で、用例として不適切な表現は幾つあるでしょうか。又不適切とすれば適切な表現は。

○小松弁護士の押し着せがましい態度には腹が立つ。
○T弁護士の評論はいつも的を得ている。
○警戒は蟻の入り込む隙もない程厳重だ。
○~の儀が古式豊かに行われた。
○O弁護士は時々君子豹変し、酔って大暴れする。
○醜態をさらけ出したので汚名挽回したい。
○子供は3人、一姫二太郎がよい。
○議論はけんけんがくがく深夜に及んだ。
○討論会は議論伯仲で面白かった。
○若者に照準を当てた企画。
○あまりの寒さに思わず肩をすくめた。
○彼は身を惜しまずに働いた。
○O弁護士はいつも愛想をふりまき、人気者だ。
○解決できるとの大きな感触を得た。
○思わぬところで足下をすくわれた。
○熱戦の火ぶたが切って落とされた。
○遊ぶ金に困っての犯行であった。
○完璧な敗北であった。

以上:730文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 桐・IT等 > HP全般 > 誤用例紹介