仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 桐・IT等 > 桐なんでも >    

基本姿勢

平成16年 9月23日:初稿 平成17年 1月 8日:更新
私の桐取組基本姿勢は、
  シンプル イズ ベスト
に尽きます。

その大方針としては、
1.必要最小限の労力で最大限の効果を上げるシステム
2.そのため桐の基本機能を可能な限り活用するシステム
3.自分が理解できる限度での単純なシステム
作りをすることです。

そのための具体的方針は、
1.表は
①出来るだけ項目数を少なくする
②項目属性の編集、入力、誓約、値集合、表引きの各タブでの機能を最大限活用する

2.フォームでは、
①各オブジェクトの属性に配置された機能を可能な限り活用する
②可能な限り、次のイベントを使わずコマンドボタンで間に合わせる

3.イベントでは、
①出来る限り理解可能なコマンドを使用する
②そのため単純明快な少数行の定義とし、その組み合わせで最大限の効果を上げる

5.一覧表印刷を出来る限り活用する

6.レポートでは
①各オブジェクトの属性に配置された機能を可能な限り活用する
②一つのオブジェクトに可能な限り多くの項目をソースとして配置する

等々です。

この方針は、何れも私が万年中級者に留まっているための我が儘なものですが、このような方針でないと、桐が多くの方に使われないと言う確信があります。

桐は、決してマニアのための特殊ソフトでなく、私のような素人にも使いやすい、優しいソフトであることをアピールしていきたいと思っております。

以上の方針の結果、求める最終効果・目的は、
1.一度入力したデータは二度と入力しない
2.操作のためのクリック数は可能な限り減らす

ことに尽きます。

以上の実現のため少しずつでも桐研鑽に励んで行くつもりです。

以上:656文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 桐・IT等 > 桐なんでも > 基本姿勢