仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 桐・IT等 > HP全般 >    

更新情報記載上の注意点

平成16年 8月15日:初稿 平成17年 5月15日:更新
試運転は毎日行い、トップページの更新情報掲載を続けていますが、第3者から、内容等について次のような厳しい指摘を受けました。

○トップページは誰が見に来るか判らない、誰の目にも触れる可能性が大きい重要な場所であることの考慮が欠けている。

○先ず個人のプライバシーに関する情報は出来る限り避けること、誰が見てるか判らないので家族情報開示にも注意を払うこと

○墓参りをしたという記事を読まされても、読まされる方は何のためにもならない、読む方に何らかのためになる情報を出すべきとの認識が必要。

耳に痛く響くところがあり、これまでの更新情報を少しばかり書き換えましたが、自分なりに更新情報記載ルールが必要と感じました。

それは
○何より読む方に取って何らかのためになる情報であること
これは、キーワード自己満足とは矛盾しますが、わざわざ訪れる方を思えば当然のことで、最も重要で必要な心構えと思います。
しかし、難しい。努力だけはしましょう。

○他人の私的情報は出来るだけ掲載を避け、やむを得ず掲載する場合、プライバシーに十二分配慮すること

○読んで頂くものでなので「です、ます体」で統一すること

取り敢えずこの位ですか。
このHPはまだ未公開ですが、万一読まれる方が居ましたが、ご意見・ご要望等頂ければ幸いです。
以上:533文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 桐・IT等 > HP全般 > 更新情報記載上の注意点