仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 健康 > 筋トレの話し >    

NHKガッテン2016夏号-筋トレ新常識”糖質”で効率よく筋肉増加

平成28年 7月12日:初稿
○生来の虚弱体質で人一倍健康に気遣っているつもりの私は、日曜日を除いた毎朝午前7時からフィットネススタジオに入り、真向法中心のストレッチ運動を20分行った後30分前後の筋トレを行い、その後入浴で汗を流した後、体組成計に乗って体重・体脂肪を測定し筋トレ内容と共に桐ファイル日記に記録し、NHK朝の連続テレビ小説を見てその後プロティン入りリンゴジュースを飲むことを日課としています。

○その前に、最近は朝起きると直ぐに血圧・脈拍数測定まで始めて桐ファイル日記に毎日記録しています。血圧は、その日によって相当変化して、上は110~130、下は60~80、脈拍数は50~60です。血圧は、夜寝る前に測ると上が100台、下が50台まで下がっていることもあり、低血圧が心配になるほどです。お酒が入るとより下がる傾向になります。

○たまたま本屋でNHKガッテン2016夏号を読んで衝動買いしてしまいました。表紙ページにたった10回時短筋トレ術とあり、価格が710円と安かったからです(^^;)。以下、記事備忘録です。
・筋トレの新常識「糖質」で効率よく筋肉が増える!
・筋肉は、運動機能にとどまらず、免疫力アップ・熱中症認知症予防も期待できる
・筋トレ後、タンパク質と一緒に「甘いもの」(糖質)をとるとトレーニング効果が増大する
・糖質をとり血液中に糖が入ると血糖値を下げようとインスリンが分泌される
・インスリンは糖が筋肉細胞に入りやすい状態にするが、このときタンパク質も一緒に取り込まれるため筋肉がつきやすくなる
・ただしこの効果が期待できる目安は「筋トレ後30分以内」
・筋トレせずに糖だけとると余った糖が蓄積されて肥満を招く


○私の場合、7時20分から50分頃まで30分程度筋トレをします。「筋肉が強く若いほど無病で長寿-石原結實医師」記載の通り、石原結實医師の記事を見て平成20年頃から、すでに8年近く早朝筋トレを継続していますが、ここ数年はマンネリ化して、筋肉も筋力も殆ど向上しません(^^;)。

以下の、画像をシッカリとインプットして、早朝筋トレに励みたいと思っています。

以上:871文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 健康 > 筋トレの話し > NHKガッテン2016夏号-筋トレ新常識”糖質”で効率よく筋肉増加