仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 健康 > その他健康 >    

「ラーメン食べ過ぎると早死に」の記事に驚愕-カレースープはどうか?

平成27年11月20日:初稿
○平成27年11月19日は、仕事を終えてからヨドバシ仙台店に旅行用セカンドバッグの品定めに行った帰り、丸善仙台アエル店1階にあるヴァサラロード仙台アエル店でスープカリィを食べてきました。「お薦めスープカリィ店ーヴァサラロード仙台アエル店」記載の通り、「ヴァサラベーシックスープを選び、骨無しチキン&野菜1100円の4番100円追加、さらににトッピングとして納豆を追加して合計1300円です。」(^^;)。

○私は、カレー大好き人間で、1ヶ月もカレーを食べないと無性に食べたくなり、少なくとも1ヶ月に1回は、ヴァサラロード仙台アエル店か、カレーハウスCoCo壱番屋仙台サンモール一番町店に通います。更に辛いもの好きで、ヴァサラロード仙台アエル店では、ピッキーヌ3本を細かく切り刻んでスープに混ぜます。最初にこれをやったときは、「なんだこれはと思うほど激辛となり、口の中がヒリヒリ」したのですが、最近は、「激辛」とは感じることなく、「丁度良い」なんて感じており、辛さ感覚が麻痺しつつあります。

○以前は、ラーメン好き人間で、美味いラーメン店があると聞くと必ず行って味見をし、スープを空になるまで飲み干していました。しかし、ここ数年は、ラーメンは出来るだけ食べないようにしています。ラーメンを食べると、必ず翌朝の体脂肪率が相当上昇するからです。ラーメンは、炭水化物が大部分を占め、且つ、スープには大量の脂と塩分があるところ、このスープが大好きで、どうしても目の前にあると飲み干してしまいます(^^;)。

○今朝、以下の「ラーメン食べ過ぎると早死に」なんてニュースで見て、ゾッとしました。ラーメンは、殆ど食べなくなりましたが、前記ヴァサラベーシックスープを飲み干しているからです。ヴァサラベーシックスープとラーメンスープの違いをネットで調べているのですが、参考記事が見つかりません。ラーメンスープ同様の大量の塩分・脂が含まれているのかどうか、勉強が必要ですが、今後は用心して少し残すようにします(^^;)。

********************************************

「ラーメン食べ過ぎると早死に」は本当なのか? 阿藤快さん死去でネット再浮上のラーメン好き「物故者」
J-CASTニュース 11月19日(木)19時17分配信


俳優でグルメリポーターとしても活躍した阿藤快さんが、平均寿命を大幅に下回る69歳で亡くなったことを受け、過去に大好物だったというラーメンが影響したのではないか、という声が再びネットで広がっている。
「脂っこい」「塩分が多い」というイメージがあるラーメンの食べ過ぎには、どんなリスクがあるのか。

■ラーメン評論家で若くして亡くなった人も...
 2015年11月16日に亡くなった阿藤さんの死因は大動脈破裂胸腔内出血。動脈硬化が進み、血管に老廃物などがたまり、瘤状にふくらみ、破裂することで起きる。

この訃報を受け、グルメリポーターとしての活躍、特にラーメンの食べ過ぎが影響したのではないか、という見方がネット上では広がっている。ツイッターなどには
 「炭水化物を脂で流し込むような料理だもんな」
 「ラーメン、ほんと早死にするよ」
 「ラーメンとか塩分多すぎでやばい」
といった書き込みがあった。

 もちろん、阿藤さんのラーメンの食べ過ぎが直接、死因につながったと言い切れる根拠はない。しかし、同じようにたくさんラーメンを食べていた評論家などで、若くして亡くなった人がいることが、改めて注目されるきっかけとなった。

 日本ラーメン協会副会長で1日何杯も食べることもあった評論家の武内伸さんは2008年に肝硬変で亡くなった。48歳だった。「支那そばや」創業者の佐野実さんは2014年、多機能不全のため63歳で亡くなっている。
.

「スープを飲みきらないことが大事」と健康専門家
 ラーメンの食べ過ぎには、どのような健康リスクが考えられるのだろうか。

 文教大健康栄養学部の笠岡誠一教授は、ラーメンの脂質量の多さが高脂血症、塩分の多さが高血圧症につながるリスクがあると指摘する。いずれも動脈硬化の原因になる症状だ。特に「スープを飲みきらないことが大事」という。スープには塩分や脂質が溶け込んでいるからだ。

 ラーメンを食べる頻度については、「その人のもともとの食生活がどうなのかに、依存します」とした上で、「1週間に1度程度であればいいのかもしれません」という。

 国立健康・栄養研究所の栄養疫学研究部の担当者も、同様に「スープは飲み干さず、なるべく少なめにする方がいい」という。食塩、脂質の多さが動脈硬化につながる恐れがあるからだ。

 ただ、2014年に胆管癌のため51歳で亡くなったラーメン評論家の北島秀一さんは生前、
  「北島はラーメンのせいで死んだといわれてしまうだろうけど、僕の病気とラーメンはまったく関係無いということを、僕が死んだ後に必ず伝えて欲しい」
と語ったという。病室でのこのやり取りを明かした、ラーメン評論の後輩である山路力也さんはブログで当時、「最後の最後までラーメン愛を貫く人でありました」と評している。

以上:2,112文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 健康 > その他健康 > 「ラーメン食べ過ぎると早死に」の記事に驚愕-カレースープはどうか?