仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 健康 > 歯の話し >    

またしても身体不具合発生-我が身のひ弱さ・軟弱さを嘆く

平成26年 2月 3日:初稿
○「首都圏在住の気中第20回卒業生”けせもい会”平成26年新年会参加雑感」記載の通り、平成26年2月1日(土)から上京し、定宿の赤坂エクセルホテル東急に宿泊中です。2月1日は、数十年ぶりに会う首都圏在住気中等の同年生と楽しいひと時を過ごしましたが、翌日から、またしても我が身のひ弱さ、軟弱さを嘆く事態が発生しました。

○翌2日(日)は、桐師匠【多遊】さんと赤坂エクセルホテル東急で合流して、桐レッスンを受けましたが、午後になって、金属を被せている右下奥歯の歯茎が徐々に痛み出しましたのです。当初は、大したことがなかったのですが、徐々に痛みが増悪してきました。夕方、【多遊】さんとヨドバシ秋葉原店に行ってディスプレイ等を探した後、8階のレストランフロアーで回転寿司を食べると、益々痛みが強まりました。

○ホテルに戻り、午後10時頃まで、桐レッスンを受け、その後、午後12時頃まで復習等をして、ベッドに入った頃には、さらに痛みが強まり、ズキズキ痛みます。痛みで眠れそうもなくなり、ワインを飲んで酔えば眠れるのではと、少しばかりワインを飲むと、身体が温まり、益々痛みは強まりました。そのため眼が冴えてさっぱり眠れず、夜中の3時過ぎにようやく眠気が出てきて寝入ったようです。

○翌3日は、弁護士業務改革委員会出席予定でしたが、眼が覚めたのは何と、午前9時でした。右下奥歯の歯茎の痛みは、相変わらずで、歯茎が腫れて上の歯と触るくらいになっています。私の歯のこの8年ほどの主治医のタクシゲ先生に電話すると仙台に帰った2月5日朝一番に診察して頂くことになりましたが、それまでこの痛みに耐えるのは大変と思って、友人の歯科医師にメール相談しました。すると「飛び込みでも、最初から、仙台に主治医がいるので、痛い歯の噛み合せを削って噛んでもぶつからないようにして、化膿止めを処方して頂ければ・・と希望しています、と説明して、対処してもらうと良いのではないか、と思います。」とのアドバイスを頂きました。

○そこで赤坂見附界隈の歯科医院をネットで探すと、幸い、赤坂エクセルホテル東急の建物内赤坂東急プラザ4階に『赤坂見附プラザ歯科』があるのを発見しました。赤坂見附界隈にはその他にも歯科医院は相当数ありましたが、『赤坂見附プラザ歯科』HPの院長先生のお顔が優しそうで、気に入り、すぐ近くにあることも便利で、弁護士業務改革委員会全国業革委員長会議を途中で抜けて、ホテルに戻り、診察を受けました。

○友人医師のアドバイス通りのお願いをして、患部を洗浄し、一部切開して化膿止め処置をしてもらって、感染防止薬と痛止薬を処方して貰って服用すること30分後には痛みが殆どなくなりました。治療時間も患部レントゲン写真撮影から、洗浄・化膿止め処置まで10数分で手際よくやって頂きました。今後、東京の定宿に良い歯科医院も見つけたので、上京した折に歯の不具合が発生しても安心です。

○それにしても平成25年12月17日発生、良性発作性頭位めまい症といい、良く身体不具合が頻発し、我が身のひ弱さ、軟弱さを痛感しますが、これも神の定めた宿命、懸命に耐えていこうと思った次第です(^^;)
以上:1,305文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 健康 > 歯の話し > またしても身体不具合発生-我が身のひ弱さ・軟弱さを嘆く