仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 健康 > 筋トレの話し >    

セントラルウェルネスクラブ北仙台でのベンチプレス修行

平成22年 3月15日:初稿
○平成22年3月14日(日)は午前中早朝テニス後ブランチを取った後、午後からはセントラルウェルネスクラブ北仙台に行って筋トレをしてきました。セントラルウェルネスクラブ北仙台に新たに入会した訳ではなく、ビジターとして訪れ、ここの正式会員でベンチプレス元世界チャンプのAさんとその弟Bさんのご両名ににベンチプレスを中心とする筋トレ方法の指導を受けてきました。

○Aさんは身長163㎝・体重70㎏、弟のBさんは身長166㎝・体重80㎏以上でご両名とも宮城県ボディビル選手権の上位入賞を果たす常連で、全身筋肉で覆われたマッチョマンです。セントラルウェルネスクラブ北仙台のフィットネススタジオは大変広く多くの会員の方がトレーニングに励んでいましたが、Aさん、Bさんとも一際目立つキン肉マンでご両名と並ぶと私が如何に華奢な身体つきであるかを痛感しました(^^)。

○上腕屈曲囲もAさん、Bさん共に軽く40㎝以上はあり、バンプアップ時でもせいぜい35㎝程度しかない私の上腕はまるで細く見えます。このご両名から肩胛骨を寄せた正しいフォームでのベンチプレスのやり方を懇切・丁寧にご指導頂きました。Bさんが模範試技を行い、Aさんがその解説をしてポイントをご教示して頂き、私の行うベンチプレスのやり方の間違っている箇所等をシッカリとご指摘頂きました。

「ベンチプレス元世界チャンプの指導を受ける」記載の通り、平成21年12月からAさんのご指導を1ヶ月1回ほど受けていますが、ベンチプレスの挙上能力向上のためには、両側肩胛骨を寄せて且つ両肩はベンチにシッカリつけたまま背中部分を浮かせるブリッジスタイルを取る必要があり、Bさんがこのスタイルの模範試技をみせてくれました。私もAさんから初めて指導を受けて以来、肩胛骨を寄せるように心がけては来たつもりですが、まだまだ不十分であることがシッカリ認識出来、また正しい挙上フォームのあり方がおぼろげながら判ってきました。












以上:813文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 健康 > 筋トレの話し > セントラルウェルネスクラブ北仙台でのベンチプレス修行