仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 健康 > 筋トレの話し >    

筋トレ後のサウナ浴は禁忌?

平成21年 8月 8日:初稿
「嗚呼!メタボ症候群か-平成21年5月現在の悩み」に、「月~金のウイークデイは、原則として、午前7時15分に事務所に行ってフィットネスルームで、真向法中心のストレッチ運動5~10分、筋トレ15~20分合計20~25分程度の運動を行い、その後入浴して15分程度シッカリ身体を温め」、「ゴールドジム仙台に行って、1時間程度筋トレに励み、その後シャワーを浴びて、6分間サウナルームで身体を温めます。このサウナルームが、一番の楽しみになっています。」と記載していましたが。

○ところが先日、筋トレ好きで、ベンチプレスも120㎏以上は挙げていると言う方と話す機会があり、上記の話をしたら、「ジムで筋トレをしたあとは、筋肉の自然の燃焼に任せるべきらしいです。サウナや風呂に入ると、筋肉が施設のおかげで温かくなり、筋肉の燃焼に回らないので、だめらしいです。」とのアドバイスを受け、驚きました。言われてみると、ゴールドジムのサウナ室はいつもガラガラ殆ど利用されていません。たまに利用する方は私のような筋トレ初心の方ばかりで、コンテストを目指すようなマッチョマンが利用しているのを見たことは殆どありませんでした。

○そこでネットで色々筋トレとサウナの関係記述を検索してみました。出てくるわ,出てくるは、殆ど全てが筋トレ後のサウナはダメとの記述ばかりです。
以下、ネットで見つけた筋トレとサウナの関係についての記述抜粋です。
要は筋トレにより、傷つき発熱した筋肉は冷やすのが原則で、更に熱を加えるなど以ての外ということです。筋トレの後のサウナ浴は中止することにしました。

****************************************

(肉体改造研究所(筋トレ&ダイエットから)
ハードな筋力トレーニングを行った後の筋肉は、ミクロのレベルで怪我をして、さらに炎症したような状態になっていると言えます。

打撲などでもそうですが、体のどこかが炎症した時にまず必要なのは冷やす事です。
筋肉が回復して行く過程ついては科学的に解明されていない部分もありますが、少なくとも酷使した筋肉をすぐにお風呂やサウナなどで長時間温めるのは避けた方が良いでしょう。

ハードな筋力トレーニングでとことん筋肉を追い込んだ場合は筋肉の損傷も激しいでしょうから、出来ればぬるめのシャワーで我慢したり、お風呂に入るとしても時間を短めにしたりする必要があるでしょう。
しかし筋力維持のために重量や回数を制限して軽い筋トレを行っているくらいであれば、それほど神経質に「筋肉の温度管理」を行う必要はないと考えられます。

つまりお風呂やサウナにマイナスの効果があるかどうかは、運動の内容によっても異なるというわけです。時間が経てば効果も変わる打撲や捻挫をした時には怪我をした直後に冷やすようにし、症状が回復し始めてからは温めるという治療法が一般的です。
筋力トレーニングにおいても、酷使した筋肉を温めない方が良いというのはあくまで運動直後の場合であって、筋肉内の炎症反応がある程度治まってからは、入浴などで血行を良くしてあげたほうが回復は早くなります。

トレーニング終了から時間が経過したら、低めの温度のお湯にゆっくり浸かって筋肉を温めてあげましょう。ただしあまり温度の高いお湯やサウナなどに入ってしまうと、筋肉が温まる前にのぼせてしまうので要注意です。ちなみに研究所長の場合は筋力トレーニング後丸一日(24時間)以上経過して、筋肉痛がピークを過ぎたと感じたら、筋肉を温めるようにしています。

(教えて!gooから)
トレーニングの後は体がヒートアップしています。
よって、クールダウンが必要です。
又、汗を一滴かいただけでもそれは脱水症状だという専門家もいるくらいで、トレーニングの後はかなりの水分が失われています。トレーニングの後にサウナに入るということは、更に脱水症状を進めてしまう危険性があります。トレーニング中またトレーニングのあとはしっかりと水分を補給し、熱った筋肉はアイシング等でクールダウンしてください。サウナは時間を置いて入ることをお勧めします。

筋トレ後の筋肉は熱を持ってパンプしていますよね?ピッチャーも投げ終わった後グルグル巻きにアイシングしていますよね?疲労した筋肉はしっかりアイシングします。
アイシングによって血管を収縮させ、その後通常の温度に戻ると血管が一気に拡張(元に戻る)し血流が活発になり疲労物質の排出が効率よく行われます。冷やさないと、いつまでもダルい感覚が残ります。

サウナなど高温は筋カタボリックを起こしますので、普通はワークアウト後に入ることはしません。
おそらくトレ後にサウナに入れることからして、有酸素トレーニーの方とお見受けします。まともに筋トレ行った後にサウナ入ったら次の日死にます、、、、

有酸素トレーニーということは、おそらくダイエッターの方だとこれまた推測させていただきますが、その場合トレ後のサウナは脂肪燃焼効果を阻害いたします。
ハードな運動をした後にサウナに入られるのは筋肉の温度が下がらなく、筋成長などにも良い影響があまり無い為に、プロテインを飲まれるような筋成長を望まれている場合にはあまりお勧めできません。

(大沼きんの簡単フィットネス講座より)
筋トレの後にサウナに入ってもいいですか?
サウナに入ると水分が失われ体が疲労します。だから筋トレをして疲労している状態でさらにさらにまた体に負担をかけるようなことはあまりおすすめできません。状況や季節によっては体の熱がなかなか冷めないような場合もあるのでむしろ冷水浴が適している場合もあります。しかし気分的にどうしてもサウナに入る方がリラックスできるという人もいるのでべつにかまわないと思いますが、その場合は疲労状態をしっかり把握して負担にならない適度な時間にとどめておこう。また水分補給を前後に確実にやろう。特に前にはBCAAなどアミノ酸やエネルギー補給もできるようなドリンクを飲んでおこう。


以上:2,457文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 健康 > 筋トレの話し > 筋トレ後のサウナ浴は禁忌?