仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 健康 > メタボの話し >    

嗚呼!メタボ症候群か-平成21年5月現在の悩み

平成21年 5月 5日:初稿
○久しぶりに「嗚呼!メタボ症候群か-シャープになったけれども」に続けるメタボの話です。
平成19年11月までは、体重が66~67㎏、ウエスト86㎝、血圧日中下が80以上、上が150以上あり(早朝時最大下100、上が200)、メタボ症候群を宣告され、更に血圧降下剤まで投与され、平成20年9月まで服用を続けていましたが、その後の、涙ぐましい節制と努力の結果、平成21年5月初め時点では、体重が58㎏前後、ウエスト75㎝、血圧日中下50~60、上100~110と大幅改善され、毎日、インナースキャンBC-305で計測を怠らず、特に体重が59㎏に近づくと食事量を抑える節制を継続し、現在の状況維持に努めています。

○月~金のウイークデイは、原則として、午前7時15分に事務所に行ってフィットネスルームで、真向法中心のストレッチ運動5~10分、筋トレ15~20分合計20~25分程度の運動を行い、その後入浴して15分程度シッカリ身体を温め、指も温まった後の午前8時30分から30分程度フラメンコギター練習をして、午前9時から執務開始という生活です。

○さらに土日祝祭日の休日は、午前7時30分から午後9時30分まで早朝テニスを行い、午前11時頃までブランチを取り、その後、自宅に戻り、一休みした後、午後1時30分頃から、ゴールドジム仙台に行って、1時間程度筋トレに励み、その後シャワーを浴びて、6分間サウナルームで身体を温めます。このサウナルームが、一番の楽しみになっています。

○ゴールドジム仙台に行くとトレーニング開始前に先ず血圧測定をしますが、最近は、ほぼ下が50代前半、上が100~110程度で、却って低血圧を心配するほどです。しかし、不眠や朝起きの不良、頭痛やめまい、全身倦怠感等の低血圧特有の症状は全くないので、病的低血圧ではないだろうと高をくくっています。

○繰り返し記載していますが、私が健康に人一倍拘るのは持って生まれた虚弱体質で、普通にしていたのでは介護老人になって家族に迷惑をかけるのではとのおそれのせいで、57歳9ヶ月の平成21年5月5日時点では、なんとか健康を維持しています。しかし、持病の腰痛は残っており、老眼進行等悩みは尽きません。目下、一番の悩みは、毛髪寂寥化現象です(^^)。

○薬用発毛促進剤(プロサイエンスバイタライザーシッケンBL)、インディアンのシャンプー等色々良いと言われるものを試しているのですが、毛髪寂寥化現象は容赦なく進行しています。更に加えて脂肪減少による皮膚のたるみとシワの増加が相まって、自称45歳が全く通じなくなっており、これらを何とかできないものかが目下一番の願いです。
以上:1,099文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 健康 > メタボの話し > 嗚呼!メタボ症候群か-平成21年5月現在の悩み