仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 健康 > 過敏性大腸症候群の話し >    

久しぶりのひどい下痢-食中毒症状

平成20年12月 8日:初稿
○平成20年12月6日(土)午後は、畏友鈴木誠一氏率いるビバップスの第18回コンサートを観てきました。ゲストとしてはいつもの通り、「Mr.Jazz Vocal 丸山繁雄酔狂座」Featuring 山口真文(Ts)&池田篤(As)が賛助出演して、プロの醍醐味を聞かせてくれました。丸山繁雄氏のボーカルに関する感想は、「ジャズボーカリスト丸山繁雄氏に感動」に記載したと同様です。今回はアルトサックスの池田篤氏の演奏が特に素晴らしいと感じました。

○午後0時30分開場、午後1時開演で午後1時寸前に会場に着くと、観客がギッシリ詰まっており、テーブル席は満席で、通路の椅子に座る状況でした。6000円の入場料で食事とワン生ビール付で、食事は枝豆、サンドイッチ・ソーセージ・ローストビーフ等の洋食仕出し弁当でした。早朝テニス終了後の午前10時から11時までにブランチを取った私は,間食をしないことにしているためサンドイッチ弁当は食べず生ビールだけ飲み、その後ホットコーヒーを飲みながらの鑑賞でした。

○午後4時コンサート終了後、もったいないのでコンサートで全く食べなかった洋食仕出し弁当を持ち帰り、ゴールドジム仙台に行って1時間程汗を流して自宅に帰り、午後7時30過ぎに夕食の一部として食べました。食べているときは別段何とも思わなかったのですが、時間と共にお腹が不安定になり、午前2時頃我慢できなくなりトイレに駆け込みました。久しぶりの下痢です。

○私は、大学時代から過敏性大腸症候群で平成15年9月まではビオフェルミンが手放せなかったのですが,真向法を始めてからは相当改善され,たまに下痢しても1,2度トイレに行くと治り、ビオフェルミン服用を全く止めていました。しかし、今回は午前2時頃から早朝テニスに出る午前7時30分までに10回近くトイレに行く羽目になり、久しぶりに相当ひどい下痢となりました。

○仕出し弁当の一部は家族も少し食べており私以外は何ともないので、この下痢の原因は私自身の免疫力の低下にあり、持ち帰り仕出し弁当では無いと思います。しかし店内で食べることを前提に作られた弁当であり、ソーセージ・ローストビーフ等生ものも結構ついていたので、やはり持ち出して長時間経過後に食べるのは止めるべきと痛感しました。

○おかげで12月7日(日)は何とか早朝テニスはこなしたものの、お腹の不安定状態が続き、食欲も湧かないのでテニス終了後のブランチを取らず午後予定していたゴールドジム仙台行きも休み、リンゴや蜂蜜入りお湯を飲む程度にして、1日中ダラダラしていました。夕方少々寒気がしてきたので体温を測ると7度4分もあり、これはまずいと、石原結實医師お薦めの生姜とレモン、蜂蜜を加えたお湯を飲みました。すると身体がポカポカしてきて熱も下がりました。夕ご飯は味噌汁にご飯少々を良く噛んで食べましたが、大学時代から苦しんできた過敏性大腸症候群の苦しみを久しぶりに味わい、一層健康に留意すべきと思った次第です。
以上:1,235文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 健康 > 過敏性大腸症候群の話し > 久しぶりのひどい下痢-食中毒症状