仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 健康 > その他健康 >    

生活習慣の改善で細胞の老化を制御

平成20年10月24日:初稿
○HealthDay News平成20年9月16日号によると、表記「生活習慣の改善で細胞の老化を制御」とのことで、備忘録として記憶に留めます。
テロメアなんて言葉は初耳でしたが、細胞の老化と死滅に関係する物質のようです。テロメラーゼなんて言葉も初耳ですが、テロメアを修復し、長く延ばすはたらきをもつ酵素とのことです。ガン細胞の中に大量に存在するなんて記事を見ると必ずしも善玉とは限らないようにも思えますが。

○以下の記事によるとテロメラーゼ値を増加させることが細胞老化制御に繋がるようですが、これを実現するための以下の方法は、これまで、健康維持に重要と良く言われてきたことで,余り目新しいことには思えません。しかし念のためシッカリ確認します。
・食事中の脂肪分のカロリーを10%に抑える
・精製糖を控える
・健康的な食材、野菜、果物を豊富に摂る
・ビタミン類および魚油の補充
・適度な有酸素運動
・ストレス管理、リラクゼーション、呼吸法の訓練


○上記注意点は私もシッカリ自覚し実践しているつもりですが、髪の毛は日に日に寂しさがつのり、肌のシミ・シワも増え、見かけの老化はなさけ容赦なく進んでいます。昨日、長くかかりそうな事件の打ち合わせで「最高裁まで争われると最終解決まで、あと5,6年かかるかも知れませんね」と言ったら、ご老体の依頼者から、「先生も長生きして私たちのために頑張って下さい。」と励まされ、「あー、おれも長生きして欲しい」と言われる姿形に老け込んだのかと,愕然としました(^^;)。

*************************************

生活習慣の改善で細胞の老化を制御

 生活習慣を大幅に改善すると、細胞の老化を制御するテロメラーゼと呼ばれる酵素の値が向上するという米カリフォルニア大による報告が、英医学誌「Lancet Oncology(腫瘍学)」オンライン版に9月16日掲載された。

 テロメラーゼテロメアを修復し、長く延ばすはたらきをもつ酵素。テロメアとは染色体の末端にあるDNAと蛋白(たんぱく)の複合体で、このテロメアが短くなり構造の完全性が弱まると、細胞の老化および死滅が早まるという。テロメアの短縮は、疾患リスクのほか、前立腺癌(がん)、肺癌、乳癌および大腸癌(直腸結腸癌)などの多くの癌による早期死亡の指標となることがわかってきている。

 米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)に所属し、非営利研究所である予防医学研究所Preventive Medicine Research Institute(PMRI、カリフォルニア州Sausalito)の創設者でもあるDean Ornish博士らによる今回の研究では、低リスク前立腺癌の男性30人で大幅に生活習慣を改善。改善の内容は、食事中の脂肪分のカロリーを10%に抑える、精製糖を控える、健康的な食材、野菜、果物を豊富に摂るなどのほか、ビタミン類および魚油の補充、適度な有酸素運動、ストレス管理、リラクゼーション、呼吸法の訓練を実施した。研究開始時および3カ月後にテロメラーゼ値を評価した結果、テロメラーゼ値が29%増大したほか、悪玉(LDL)コレステロールの減少が認められた。

 今回の報告は、総合的な生活習慣の改善がテロメラーゼ活性値および免疫細胞のテロメア維持能力の向上をもたらすことを示した初めての長期研究であるという。「この結果は、前立腺癌患者だけではなく一般集団にも当てはまると思われる」とOrnish氏らは述べている。


以上:1,455文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 健康 > その他健康 > 生活習慣の改善で細胞の老化を制御