仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 健康 > メタボの話し >    

嗚呼!メタボ症候群か-メタボ症候群完全解消か?

平成20年 9月 5日:初稿
○平成19年12月27日記載「久しぶりに胃炎-健康に関する愚痴です」で「酒もタバコもやらず定期的に運動を継続する節制の人生を歩んで居るにも拘わらず、平成19年秋の定期検診では、LDLコレステロール過多、高血圧、腹回り過多のメタボ症候群を指摘され、驚いて毎朝血圧を測るとひどい時は200-100迄上昇し、驚愕して内科を受診し、24時間血圧検査を受けるとやはり血圧が高いとのことで毎日1錠の血圧降下剤を投与され、1ヶ月を経過しています。」と記載していました。

「嗚呼!メタボ症候群か-体重を50日で4㎏減量」に記載したとおり、平成20年11年28日に生まれて初めて24時間血圧計を装着され、24時間、30分置きの血圧計測の結果、血圧降下剤を毎日1錠服用することになり、当時66~67㎏の体重を62~63㎏まで落とすよう指示され、主に食事制限で
平成20年1月20日時点62㎏、
平成20年3月半ば時点60~61㎏、
平成20年7月18日時点59~60㎏
に落とし、一寸の油断で増加することがあるも、
平成20年9月5日時点でも59~60㎏
で、今後、このレベルを維持したいと思っております。

○血圧降下剤を処方された内科医院で4週間に1回ずつ受診し、血圧を測定し、血圧降下剤4週間分を処方されてきましたが、前回の平成20年8月7日時点で初めて一日1錠が半錠に減らされ、今回の平成20年9月4日、血圧が安定しているとのことで服用停止を指示されました。やったー!万歳!と叫びたい心境でした。血圧降下剤は一度飲み始めると一生飲み続けなければならないと聞いていたからです。

○その内科医師からは服用を止めると途端に再度血圧が上昇し始める人も多いとのことで、今後も体調維持には十分努めることと1ヶ月1回は受診することを指示されました。「嗚呼!メタボ症候群か-とにもかくにも野菜中心・野菜優先」に記載したとおり、現在も兎に角、野菜を多く採るように気をつけており、何より野菜が美味しいと感じるようになりましたので、この食生活を今後も継続していきたいと思っております。

○毎朝原則7時20分に事務所に出て、三方鏡で囲まれたツルカメフィットネススタジオで7時25分から5~10分真向法中心のストレッチ運動をした後、15~20分程度筋力トレーニングを継続し、ウエスト(臍周り)も平成19年11月までの86㎝が平成20年9月現在77~78㎝に減り、腹筋の割れ目も見え初め、メタボ腹が見違えるようにスッキリし、鏡の前に立つのが楽しみになっております。

○しかし「嗚呼!メタボ症候群か-一寸した油断で忽ち体重増加」に記載したとおりですので、血圧降下剤服用停止を機会に益々体調管理に努めたいと思っております。左の写真は時々一緒にトレーニングをする私より○歳年上のAさんです。Aさんの了解を得て掲載しましたが,小松弁護士もこの程度の身体にはなりました(^^;)。
以上:1,197文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 健康 > メタボの話し > 嗚呼!メタボ症候群か-メタボ症候群完全解消か?