仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 健康 > メタボの話し >    

嗚呼!メタボ症候群か-体組成計を購入して測定開始

平成20年 3月10日:初稿
○平成20年3月9日、ヨドバシ仙台店で株式会社タニタ製体組成計InnerScan50BC-305を購入してきました。ヨドバシ価格で金1万7800円でちと高かったのですが、従来の体脂肪測定付き体重計より測定する機能が豊富で、且つ、他の体組成計が握り棒がついているところ、株式会社タニタ製体組成計InnerScan50BC-305は、握り棒が無く、単に台の上に乗るだけで各種測定が可能で面倒が無くて良いと思ったからです。

○ヨドバシ仙台店の店員の話では、握り棒が無くても各種測定が出来るのは株式会社タニタが特許を持っているため他の例えばオムロンなどは握り棒無しの体組成計を作りたくても作ることが出来ないとのことでした。私が、購入を決めた最大の理由は、56歳、身長163㎝の基礎データを入力したゲストモードで、服を着たまま測定してみると、体脂肪が18台で、また基礎代謝量が高くこれに基づく体内年齢が何と33歳と評価されて気分が良くなったからでした(^^;)。

○客の購入意欲を掻き立てるために甘い数字が出るのではと怪しみましたが、世界最薄15㎜という超薄型でスリムでスマートな外形も気に入りました。早速、購入して自宅で使用して見ましたが、取扱説明書が全64頁と結構厚く内容も詳しく使用方法だけでなく体組成の意味、体組成測定の原理から始まり、内臓脂肪レベル等の用語解説も素人向けに優しく解説されています。

○以下、私の備忘録です。
体組成とは、身体を構成する組成分で、脂肪・筋肉・骨・水分などがあり、脂肪が多すぎる、筋肉が少なすぎる、などの体組成の乱れは生活習慣病や体調の乱れに繋がる。
体組成測定の原理は、身体の電気抵抗を測定するBIA法にタニタ新技術リアクタンステクノロジーを加えて、より精度の高い体組成測定を実現。

平成20年3月10日午前5時15分測定結果
体重61.5㎏、体脂肪率18.8(-標準)、内臓脂肪レベル11(やや過剰)、
筋肉量47.4㎏(筋肉量スコア0、平均)、推定骨量2.6㎏(平均)
基礎代謝量1351kcal/日、体内年齢33歳、体水分率56.6(平均)

○今後は、例によって桐ファイルを作り、毎日とは言わずとも1週間に1回位は測定し、その結果を桐ファイルに入力して、摂生とトレーニングの励みにしたいと思っております。
以上:955文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 健康 > メタボの話し > 嗚呼!メタボ症候群か-体組成計を購入して測定開始