仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 健康 > 真向法 >    

ヨーガ教室開催

平成17年 4月18日:初稿 平成17年 5月15日:更新
○私は平成15年10月から真向法を始め、現在は毎朝の10分間程の時間で継続しています。真向法自体は3~4分で終わるのですが、本で読んだ見よう見まねでヨガの運動も取り入れ、合計10分程柔軟・ストレッチ体操を繰り返しています。

○朝の運動時間として20分を取っていますが、前半10分は真向法中心の柔軟体操、後半10分は器具を用いた筋力トレーニング時間としています。しかし前半10分の柔軟体操は毎日励行していますが、後半10分の筋力トレーニングはその日の気分でやったりやらなかったりで余り真面目にやってません。
友人医師の50過ぎたら無理はするなと言う忠告に従ったものです。

○4月13日異業種交流仲間のライジングアップというグループ4月例会として年の頃40代と思われる肌つやの良さと笑顔が印象に残る女性講師をお招きしてヨーガ教室を開催しました。
ヨーガと言うか、人間生活で大切なものとして
  「食、息、動、想、絆」
の五つが重要との話から始まって小一時間ヨーガの実践を教示されました。

○真向法の4つの運動は全てヨーガの運動の中にもありましたが、ヨーガの運動全体からすると、真向法の運動はごく一部でした。
真向法を1年半に渡り継続しているため身体の縦方向の屈伸運動はさほど苦無く出来たのですが、横方向の運動と捻り運動は、真向法にはないため、まだまだ身体が固いと痛感しました。

○ヨーガの運動は身体の隅々の筋肉を伸ばすものです。全部覚えて一通りやるには30分以上かかるものと思われ、到底毎日継続は無理と感じました。

○真向法を毎日継続できるのは何よりたった3~5分で出来るからです。又真向法解説書等で特に重要と強調されているのは身体全体の筋肉の6割以上の筋肉が集中する下半身裏側を伸ばすことです。
しかし、その伸ばす方向にも色々あること又上半身の筋肉を伸ばすことの重要性も痛感しましたので、これからはヨーガの運動ももう少し取り入れようと思った次第です。

以上:807文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 健康 > 真向法 > ヨーガ教室開催