仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 事務所 > 事務所旅行記録(H26~H29) >    

平成29年春季スキー合宿第3日目-フラメンコギター”エル・テンプル”練習

平成29年 4月 3日:初稿
○平成29年4月2日(日)は、スキーなしスキー合宿3日目です。ここ数年、合宿3日目は、午前11時のチェックアウトまでの2時間程度ギター練習に励んでいます。ここ数ヶ月、フラメンコギター持ち曲を5曲程度に増やしたいとの希望を持ち、過去に練習したパコ・デ・ルシア氏の「エル・テンプル」、「パナデロス・フラメンコス」、「ルシアのグアヒーラス」、セラニート氏の「カンパニジェーロス」、「ファルーカ」の5曲を練習しています。

○「エル・テンプル」は、「35年ぶりステージ演奏-パコ・デ・ルシア”エル・テンプル”弾くも不出来に落胆」記載の通り、平成25年11月3日、岡弘祠フラメンコギター教室発表会に初めて参加したときに演奏した曲で、平成23年3月から岡弘祠先生に習い始めて3年近く一生懸命練習した曲でした。

○しかし、発表会が終わって、翌平成26年の発表会は「パナデロス・フラメンコス」、平成27・28年の発表会は「ルシアのグアヒーラス」と練習している内に、「エル・テンプル」は、殆ど弾かなくなりました。すると3年近くかけてようやく暗譜したものが、殆ど、忘れて弾けなくなります。最低でも1週間に1回演奏すれば暗譜を維持できると言われていますが、半年ほど弾かないと殆ど忘れて楽譜を見ないと弾けなくなります。

○平成28年11月時点までは「ルシアのグアヒーラス」の1曲のみの練習に明け暮れて他の曲を弾かないと、殆ど忘れていました。そこで、折角、フラメンコギターに打ち込んできたのに1曲しか弾けないのは面白くないと思い始め、平成28年発表会後は、平成29年発表予定曲のセラニート氏の「カンパニジェーロス」の外に上記5曲を並行して練習していこうと思っております。

○そこで、平成29年春季スキー合宿3日目午前中は、パコ・デ・ルシア氏の「エル・テンプル」に絞って練習をしました。現在は、全曲10頁に分けてある楽譜の最後の9,10頁目だけの暗譜を取り戻して、この部分だけ集中して練習していますが、楽譜をシッカリ読み込むと、まだ不安定な箇所が多々あり、従前完全暗譜したつもりでも実はいい加減だったことが判ってきます。一番の理想は、楽譜が目に浮かぶくらい正確に暗譜することですが、なかなか困難です。

○3日目のチェックアウト時刻は、20年も定期的に利用している常連のため午後1時まで無償サービスされています。しかし、スキーをしなくなってからは、午後1時チェックアウトは手持ち無沙汰と言うことで午前11時にチェックアウトするようになり、同時に解散となっています。私は、チェックアウト直前までギター練習に没頭していました。私にとっては、春季合宿はフラメンコギター合宿となっています。

○合宿等の当事務所行事常連の鈴木澄男氏が厳しい介護貢献生活から解放されて戻ってこられて、運転を交替して頂きながら、仙台に戻りましたが、やはり、常連の方に参加して頂くとホッとした気になります。
以上:1,208文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 事務所 > 事務所旅行記録(H26~H29) > 平成29年春季スキー合宿第3日目-フラメンコギター”エル・テンプル”練習