仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 事務所 > 事務所旅行記録(H26~H29) >    

平成26年春季スキー合宿第3日目-フラメンコギター練習に勤しむ

平成26年 3月31日:初稿
○平成26年3月30日は、当事務所春季スキー合宿3日目でした。いつものように午前5時頃までには起床し、午前6時頃までに「平成26年春季スキー合宿第2日目-スキーなしのスキー合宿」を作成してウエブアップしました。午前7時朝食開始時刻にに和食レストラン「七時雨」に行って朝食を取り、午前8時前に部屋に戻り、ギター練習に勤しみました。ここまでは、平成25年春季スキー合宿の「平成25年春季スキー合宿第3日目ーホテル内温泉楽しむ等」と全く同じです。

○「平成25年春季スキー合宿第3日目ーホテル内温泉楽しむ等」では「午前9時過ぎに、ホテル内の温泉風呂に浸かり」とありますが、平成26年は温泉には入りませんでした。朝食を済ませて、午前7時30分頃、部屋に戻ってからは、現在練習中の「ルシアのグァヒーラス」の音階練習に勤しみました。この曲も、日本で昭和47年に発売された畏敬するパコ・デ・ルシア氏の2枚目のLPレコードに入っている曲で、学生時代から憧れに憧れた曲です。

○パコ・デ・ルシア氏の2枚目のLPレコードには、ブレリアスの一種「エル・テンプル」も入っており、この曲も憧れに憧れ、昭和47年レコード発売直後に採譜された楽譜も出回りました。それを当時通っていたフラメンコギター教室の相崎勝利先生から譲って頂き、ごく一部だけ練習したことはあります。しかし、「ルシアのグァヒーラス」は、昭和47年当時は楽譜を入手できず、ただウットリとして聴いているだけでした。

○この「ルシアのグァヒーラス」は、「平成25年12月現在練習のフラメンコギター曲YouTube動画集」記載の通り、平成25年12月から岡弘祠先生に指導を頂いております。楽譜は、岡弘祠先生採譜のものを3年程前に頂いていましたが、「エル・テンプル」の練習で精一杯で、とても「ルシアのグァヒーラス」にまで手が回りませんでした。岡先生からは、「エル・テンプル」よりは弾きやすいと言われましたが、実際、取り組んでみると、私にとっては「エル・テンプル」に勝るとも劣らない難曲です。

○この「ルシアのグァヒーラス」に取り組み初め4ヶ月程経過しましたが、いまだ全体の4分の1程度しか暗譜出来ておらず、暗譜出来た部分も全く不十分です。おそらく全部暗譜するのに1年以上かかり、一通り弾けるようになるには2年はかかると思われます。平成26年春季スキー合宿最終日は、この「ルシアのグァヒーラス」の冒頭4分の1部分にある長距離スケールの練習を繰り返しました。当初はゆっくり弾いて、次第にスピードを上げていきますが、スピードを上げる程に不正確になります。

○飽きた頃に、パコ・デ・ルシア氏本人の「m4a」形式に保存した演奏を聴くと、余りの違いにがっかりします。パコ・デ・ルシア氏の演奏は、どんなに速く弾いても、一つ一つの音が、はじけるばかりに力強く、かつ、正確無比に歯切れ良く繰り出されます。それに比べて私の演奏は‥‥。
比べるのが間違っていますが(^^;)。

パコ・デ・ルシア氏ご本人のYouTube動画は見つけられませんが、”Grisha Goryachev氏”の「ルシアのグアヒーラス」で、雰囲気を味わうことが出来ます。

”Grisha Goryachev氏”の「ルシアのグアヒーラス」



以上:1,343文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 事務所 > 事務所旅行記録(H26~H29) > 平成26年春季スキー合宿第3日目-フラメンコギター練習に勤しむ