仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 事務所 > 事務所旅行記録(H26~H29) >    

平成26年春季スキー合宿第1日目-スキーなしのスキー合宿開始

平成26年 3月29日:初稿
○平成26年3月28日(金)から当事務所恒例春季安比スキー合宿でホテル安比グランドタワーに来ています。いつものメンバーに当事務所6番目の修習生だった長尾浩行弁護士がその修習生を連れて参加し、第1日目の参加者は総勢9名になりました。本日、さらに4名加わる予定で13名になります。

○平成18年4月1日初稿「事務所恒例平成18年春季安比合宿開始」に「今年は1~3月の3ヶ月間当事務所で修習した司法修習生Nさんの送別旅行を兼ねています。」と記載していますが、このNさんが長尾弁護士です。長尾さんは平成18年12月に仙台弁護士会に弁護士登録をして、官澤総合法律事務所に所属し、平成26年1月から弁護士登録8年目に入り、司法修習生の指導教官に成長しました。

○春季安比スキー合宿と称していますが、ここ数年は、スキーをしないスキー合宿となっています。私は、昭和60年12月からスキーを始めて一時は取り敢えず2級合格を目指して熱心に練習したこともありましたが、スキーとは相性が悪かったようで、なかなかものになりませんでした。「平成18年春季安比スキー合宿2,3日目」記載の通り「ミッドスキー」に挑戦したりしましたが、結局、上達を諦め、ここ数年は私としては、スキー合宿は名ばかりになりました。流石にスノーボードに挑戦する意欲はありません。

○「平成21年春季スキー合宿事務所旅行終了」には、「春季はスキー合宿と銘打ちながら事務員も私も殆どスキーをしなくなりました。事務員達はエステやマッサージ等を受け広い部屋でノンビリすることが多いようで、私自身はここ2,3年は、フラメンコギターを持ち込み、普段1日30分しか出来ない練習時間を数時間に増やして練習に耽ります。」と記載しています。

○それでも毎年3月末頃、春季スキー合宿と称して2泊3日で安比高原に来るのは、何といってもホテル安比グランドタワーの料理が良いからです。夕食は、一日目はホテル内洋食レストラン「ラパンドール」でのフランス料理、二日目は和食レストラン「七時雨」での和食と決まっており、またいつも昼食で利用している中華レストラン「蘭蘭」の中華料理も楽しみです。桐師匠【多遊】さんも10年来常連参加者となり、桐の指導を受けるのも楽しみです。

○平成16年8月から欠かさず毎日更新を継続してるこのHPでのスキー合宿記録を見ると、平成23年3月下旬実施予定分だけキャンセルになっています。同年3月11日の東日本大震災発生で、ホテル安比グランドタワーも岩手県沿岸各地の被災者の避難所になり、しばらくの間、営業ができなくなったからです。この激動の平成23年も8月下旬の夏季テニス合宿からは予定通り、実行していますが、私が現役で弁護士稼業を続けている限りは、春季スキー合宿、夏季テニス合宿だけは継続したいと思っております。

○以下、第1日目の写真です。

ホテルロビーで何やら撮影がされていました。スタッフがいっぱいいましたが、突然、広末涼子さんと思われる方とすれ違いました。

    

ラパンドールメニューに安比高原地ビール、当初なじめなかったコクのあるビール味が今ではすっかり好きになりました
    

シンプルですがよく工夫されたラパンドールの料理です、映っていませんがフランスパンともよくマッチしています
    

以上:1,356文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 事務所 > 事務所旅行記録(H26~H29) > 平成26年春季スキー合宿第1日目-スキーなしのスキー合宿開始