仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 事務所 > 事務所旅行記録(H22~H25) >    

平成23年夏季テニス合宿第2日目ー宴会は還暦祝会兼用

平成23年 8月28日:初稿
○平成23年8月27日(土)の安比高原も、青空が広がり、しかし、空気は湿気が少なく、涼しい風も吹く、テニスには最適の天候でした。午前中は、午前10時から2時間ほど、当事務所行事常連のAさんと2人だけののどかなテニスを楽しみました。Aさんとは、恒例のシングルスをしましたが、全く想定外に最初の1ゲームを落として、やや焦りを感じて、最初の4ゲームほどは、少し冷や汗の流れるゲーム展開でした。

○それでも5ゲーム目辺りからいつもの調子を取り戻し、結局、1試合目は8-1、2試合目は6-0で、一番最初に1ゲーム落としただけでした。それでもAさん、時折、厳しい矢のようなショットを繰り出して、全く追いつけに状況が数回ありましあので、これまでよりは、ある程度進歩を感じさせられました。私自身が全く進歩が感じられないからかも知れません。

ホテル安比グランド専用テニスコートからホテル棟をのぞむ、最後は夕食宴会メニューです
   

○1日目の参加者は、大人5名、赤ちゃん1名だけでしたが、2日目は昼過ぎに、関東地方から4名に加えて、いつも当事務所テニス合宿にテニス試合に参加して頂いているBさん始め合計18名が加わり、午後2時過ぎから6時近くまでシビアなテニスマッチを楽しみました。横浜から参加頂いたCさんは、今年12月で73歳になられると言うのに、ベースラインギリギリに上げるロブとネット際ギリギリに落とすドロップショットは健在でした。

○そのDさんと私が組んで、私の30年近いテニス仲間で、私の最初のテニスコーチであるCさんとそのテニス仲間の元テニスコーチEさんとの試合を2試合行いました。年齢合計数はDさんと私のペアが133歳とC・Eさんのペアが85歳で、48歳の年齢差差がありましたが、Dさんのミラクルショットのお陰で、試合はいずれも接近戦となり、1試合目は、3対3のタイブレークで僅かの差で敗れましたが、2試合目はこれまたタイブレーク7-3で勝利し、大いに感激しました。

○更に元テニスコーチのEさんと私が組んでC・Dさんペアとも試合を行いました。平成21年の夏季テニス合宿でもこのペアで試合を行いましたが、Dさんの長いロブとネット際のドロップショットでのコート前後に揺さぶるショットに翻弄されてEさんが、試合中に足を吊り、結局、負けたことが頭に残っており、何とか雪辱したいとの思いがありましたが、今回は何とか勝利することができ、これまた大感激でした。

○2日目の宴会は、ホテル旧館2階の郷土料理七時雨の別室の茶室に当事務所事務員を中心に、桐師匠【多遊】さんも含めて総勢23名の参加で、私の還暦祝い会と桐師匠【多遊】さんの定年退職慰労会を兼ねての夕食会でした。【多遊】さんと私に事務局から記念品をプレゼントされました。iPad2の外に、大きな箱がプレゼントされ、明けてみると、何と赤いチャンチャンコでした。全く想定外に赤いチャンチャンコを着せられたところ、更にホテル側からも、還暦祝ということで、花束とケーキがプレゼントされて、さらに大感激でした。

想定外の赤いチャンチャンコ着用とホテル側からのケーキ等のプレゼント-有り難うございました。
   

以上:1,306文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 事務所 > 事務所旅行記録(H22~H25) > 平成23年夏季テニス合宿第2日目ー宴会は還暦祝会兼用