仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 事務所 > 事務所旅行記録(H16~H21) >    

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジからの眺め等

平成17年11月10日:初稿
ヒルトン・ハワイアン・ビレッジは、バスタブの狭さやシャワーの固定式、シャワーレット無しのトイレ等日本のホテルに比較してきめ細かなサービスに欠けると思っていましたが、2日間滞在して、ビーチ間近の位置でのベランダからの絶景等からやはりなかなかのホテルと見直しました。

○以下、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのレインボータワーで私が宿泊した部屋からの眺めとビーチでたまたま出ていた虹です。
    

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ敷地が約7万㎡の敷地内には6つのタワーがそびえ立ち、3,300以上にものぼる客室は、どんなゲストをも満足させられるバラエティの豊富さと質の高さで世界中の人々を魅了しているとのことですが、我々はホテルの外での活動ばかりで、ホテル内は殆ど鑑賞できませんでした。

○もう一日程度日程の余裕があれば、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ内も結構楽しめたものと思います。私としては、前半2泊したヒルトン・ワイコロア・ビレッジの雰囲気の方が好みですが、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジには、洗練された都会のホテルとしての良さがあるようで、今後、機会があれば、又訪れたいと思った次第です。

○それにしても「ハワイのホテル・コンドミニアム紹介」によるとこのヒルトンホテルでも、Bクラスで上から3番目です。最高級ホテルと呼ばれる「ハレクラニ」はどれほどの内容でしょうか。宿泊できずともせめて館内見学くらいしてみたいと思いました。

○今回のハワイ旅行のきっかけを作ってくれたO弁護士が言っていたようにハワイは一度訪れると病み付きになるとのことで正に同感でした。
以上:669文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 事務所 > 事務所旅行記録(H16~H21) > ヒルトン・ハワイアン・ビレッジからの眺め等