仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 事務所 > 業務日記 >    

日弁連業革委員会

平成16年 6月20日:初稿 平成17年 1月 8日:更新
今日は日弁連業革委員会。6月は委員入替期で、研修所同期同クラス、東京弁護士会所属佐瀬弁護士が新委員長に就任しました。私は平成9年6月からかれこれ7年この委員会に所属し、普通は2期4年で退任するところ、特別に会長推薦枠で未だに委員として残っています。

数年前までは業務対策委員会という名称でしたが、改革ブームのあおりを受けて、業務改革委員会と名称変更になりました。業務対策は私の興味ある分野であり、私にとって楽しい委員会であり、いい加減、辞めろと言われるまで続けていきたいと思っています。

委員会には各PT(プロジェクトチーム)があり、私は当初から業務広告PTに所属し、広告解禁問題を検討し、今はこのチームの継続で、専門認定PTに所属しています。本日のPTでの雑談で東京の有料相談所の相談が激減しており、予約がないため、担当者のキャンセルが相次いでいることが話題になりました。

仙台でも特に債務整理事件が半減しており、どうやら、弁護士の事件が減っているのは全国的傾向のようです。景気が良くなったのが大きな原因と思われますが、新たな業務対策を迫られていることを痛感しました。
以上:482文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 事務所 > 業務日記 > 日弁連業革委員会