仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 法律その他 > 不動産・登記等 >    

土地境界争い等の強力武器-国土変遷アーカイブ

法律その他無料相談ご希望の方は、「法律その他相談フォーム」に記入してお申込み下さい。
平成24年 8月 4日:初稿
○最近、少なくなりましたが、弁護士20年目位までは良く境界争いの裁判を依頼されていました。境界争いの場合、昔は、うっそうとした森林だったものが、相手方が勝手に伐採して、形状がスッカリ変わってしまい、境界の目印だった○○の木がなくなってしまったが、この辺りにあったはずだ、なんて主張すると、相手方からは、いや、森林ではなく荒れ地であり、そんな目印の木なんてなかったなんて主張されたりします。要するに過去の土地の形状がどのようなものだったのかが争いになり、或いは事件解決の鍵になることもありました。

○そんなとき重宝するのが国土地理院で所有している航空写真です。昔は、航空写真をよく利用する土地家屋調査士の方と一緒に仙台第三合同庁舎内にある国土地理院東北地方測量部に行って閲覧し、結構な金額の手数料を支払って航空写真をようやく手に入れたように記憶していました。

○しかし、このネット情報時代になり、この国土地理院の航空写真もネット上で無料で入手できるようになっています。ホントに便利な時代になりました。現在、取扱中の土地境界争いの事件に、昔、ここに川が流れていたのか、流れていなかったのか、流れていたとしてどの位置を流れていたのかを調べなければならないものがあり、ネットに掲載されている国土地理院の航空写真を利用しています。最初にネットでダウンロードして印刷し、その後、お客様が国土地理院に行って閲覧しましたが、ネットに掲載されているものと全く同じ解像度であり、ネットでの調査で十分でした。

○以下、自由に閲覧ダウンロードできる我が町仙台の我が家の近辺から仙台駅までの航空写真変遷です。画像解像度は拡大図で200dpiです。

昭和21(1946)年米軍撮影、右端に仙台駅があり、広瀬側を超えた左端は川内地区、戦後の焼け野原に道路だけが整備されつつあり、中央の太い道路は青葉通りのようです


昭和27(1952)年米軍撮影、道路は相当整備が進み、広瀬通、青葉通り、南町通りが見え、評定河原野球場も見えます


昭和49(1974)年国土地理院撮影、青葉通りのケヤキ群が良く見え、仙台駅西側地区と東側地区の道路整備状況の違いが良く判ります


昭和63(1988)年国土地理院撮影、青葉通りと定禅寺通りのケヤキ群が良く判ります


平成24年(2012)年8月現在のGoogleマップ、地下鉄東西線工事のため青葉通りケヤキ群が殆どなくなっています


以上:998文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック

(注)このフォームはホームページ感想用です。
法律その他無料相談ご希望の方は、「法律その他相談フォーム」に記入してお申込み下さい。


 


旧TOPホーム > 法律その他 > 不動産・登記等 > 土地境界争い等の強力武器-国土変遷アーカイブ