仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 男女問題 > 性問題 >    

老人ホーム80代男女三角関係決闘事件雑感

男女問題無料相談ご希望の方は、「男女問題相談フォーム」に記入してお申込み下さい。
平成18年 1月14日:初稿
○平成18年1月13日更新情報で性に関する驚いた話しを列挙しました。68歳男性が58歳女性と不倫関係になり1ヶ月間毎日欠かさず、又40代後半の男性の結婚以来20年間1日も欠かさず、ことに及んだ話しです。この話しをある弁護士にしたら、もっと凄い例があると言うことで、ある自営業者の男性が結婚以来何年間継続したかは不明ですが、兎に角毎日、朝出勤前、昼食後、就寝前の3回ことに及び奥様が付き合うのに大変だったと言う話しをしてくれました。

○事実は小説より奇なりと言われますが、弁護士稼業をしていると、えー、こんなことホントにあるのと感嘆する事例に時々遭遇します。平成18年1月13日更新情報で紹介した小林照幸著「熟年性革命報告」記載の老人ホームでの80歳男女三角関係決闘事件にも感嘆というか感動しました。

○先ず80歳にもなって性行為が出来ると言うことに驚きました。女性に叱られることを覚悟で言うと、男性側からは相手の女性が若ければその欲求も起きるかも知れないとも思いますが、80歳の女性を相手にその欲求が起きて実際に事をなし得ると言う事実に驚きました。

○しかし自分が20代の頃は母の年代である50代の女性に対して欲求が起きるはずが無く、女性も50代にもなればもうしなくなるのだろうと思っていたのが、自分も50代になると50代の女性に欲求を感じないわけではない状況となりましたので、自分も80代になれば80代の女性に欲求が起きるのでしょうね。実際にあった上記話しでは週に2,3度は80代同志の戦闘が繰り広げられたそうですから。

○次に感動したのは女性の強さ、逞しさです。A女は、施設職員から他の入所者の手前もあり、施設内では無く外にでて行って欲しいと注意されたのに対し、「外で男を買ってやってこいというのか。この年でそんなことが出来るか。もし外で行っている最中に事故で死んだらどうしてくれる。」と啖呵を切ります。

○A女は職員に対し、男から「若いときのセックスのように頻繁には出来ない今の方が一回一回が味わい深い、今、あんたとやれるようになって本当にセックスが気持がよいと判った、"ありがとう"」と喜ばれている、それが何が悪いとも言います。

○男から1回に付き300円を取ったと言う話しは思わず笑ってしまいましたが、いくら年を取ってもただでやらせるのは女としてのプライドが許さない、かといって何万円も取ったのでは相手の男が大変だと言うことで300円に落ち着いたようです。ここは女がやらせてやるという古い感覚です。年代を考えるとやむを得ないでしょうが。

○最後に感じたのは、男の馬鹿さでした。女が2人の男を相手にそれぞれ楽しんでいるのだから男同士いがみ合う必要はないではないかと思うのですが、いくら年を取っても独占欲だけはどうにもならないようです。老い先短い人生、男同志いがみ合わないで共に楽しみを分かち合おうという精神で長く老いらくの性を楽しんで貰いたかったのですが。
以上:1,217文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック

(注)このフォームはホームページ感想用です。
男女問題無料相談ご希望の方は、「男女問題相談フォーム」に記入してお申込み下さい。


 


旧TOPホーム > 男女問題 > 性問題 > 老人ホーム80代男女三角関係決闘事件雑感