仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 男女問題 > 離婚全般 >    

離婚大国-「第一生命経済研究所」レポート

男女問題無料相談ご希望の方は、「男女問題相談フォーム」に記入してお申込み下さい。
平成17年11月26日:初稿
○2005年11月22日(火)のニュースとして以下記事が目に付きました。

日本、米に次ぐ「離婚大国」の可能性も

 日本はアメリカに次ぐ世界で2番目の離婚大国になる恐れがあるとのレポートが発表されました。
 民間のシンクタンク「第一生命経済研究所」がまとめたレポートでは、まず、2007年4月以降に離婚すれば、老後の厚生年金を夫婦で分割できることから、潜在的な離婚予備軍が増えていると指摘。
 1991年以降、一貫して増加してきた離婚が2003年、2004年と、2年連続で減少しているのも年金が分割できるようになるまで離婚を先送りするケースが増えているためではないかと分析しています。そのうえで、こうした離婚予備軍が2万3000組いると推計。
 現在、経済的な理由で離婚できない人たちがすべて就職した場合の潜在的離婚件数は、実際の1.5倍に当たる40万6000組に上るとの試算を示し、先進国ではアメリカに次ぐ、2番目の離婚大国になる恐れがあると結んでいます。(22日17:30)


社会実情データ図録での2004年11月26日収録、2005年9月24日更新された世界62カ国の離婚率(人口1000人当たりの離婚件数)によると日本は2.30の22位でさほど離婚率が高くはありません。米国は4.19で3位、お隣の韓国は2.75で7位に入っています。(以下、続けます)
以上:572文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック

(注)このフォームはホームページ感想用です。
男女問題無料相談ご希望の方は、「男女問題相談フォーム」に記入してお申込み下さい。


 


旧TOPホーム > 男女問題 > 離婚全般 > 離婚大国-「第一生命経済研究所」レポート