仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 男女問題 > アンカップリング通信 >    

家庭学校論実践1

男女問題無料相談ご希望の方は、「男女問題相談フォーム」に記入してお申込み下さい。
平成12年 6月 1日:初稿 平成17年 1月 8日:更新
■初めに
これまで主に私自身の失敗を振り返り、家庭学校論、家庭戦場論を検討してきたつもりですが、今回は、79号の、読者の悩み「妻から不倫を告げられて」を題材に家庭学校論、家庭戦場論を論じてみます。

■家庭学校論及び戦場論とは
家庭学校論とは、夫婦、子供がお互いに教師、生徒、教材となって人間を学ぶ学校であるとの考えです。つまるところ、相手が「何を思い、何を求めているか」について常にアンテナを張り、臨機応変に対応し、人間関係良好維持に努める学校です。
家庭戦場論とは、夫婦関係は、お互いに相手が自分を嫌になって離れたいと言う気持ちにならないように、お互いをコントロールし合う心理戦争であり、自分が離れたくないのに相手が「完全に」離れたいと思うようになったら、理由の如何を問わず、戦争の敗北であり、この意味で家庭は戦場であるという考えです。
大変恐縮ながら、家庭という学校及び戦場でのMさんは少々勉強不足と思われます。

■夫の不倫未遂は悪質-根に持つのが人間
先ず妻の思いですが、夫の不倫未遂をシッカリと根に持っており、これは容易には溶けません。受けた恩義はすぐ忘れても、受けた怨みはシッカリと心に刻みつけるのが人間の本性です。
夫の不倫未遂と、妻の不倫はどちらが悪質かというと、失礼ながら夫の方が悪質と思います。何故なら妻の大切な友人の妻に手を出そうとして、その人間関係を崩してしまったからです。未遂としても妻としては到底許せないと言う心境になって当然です。

不倫はすべきでないのが当然ですが、離婚はしたくないのに不倫する場合は、相手に迷惑をかけないのが最低のルールです。即ち相手には絶対に判らないようにするのが礼儀です。相手に最善を尽くし、身も心も満足させて、その上での不倫ならまだしも、相手を放置して不倫に夢中になるならむしろ離婚すべきです。この意味では不倫相手も絶対にばれない人を選ぶべきであり、夫の不倫未遂相手は最悪でした。
これに対し妻の不倫は告白されて初めて判るような相手であり、夫の不倫相手よりはましです。(平成13年10月 1日記)
以上:864文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック

(注)このフォームはホームページ感想用です。
男女問題無料相談ご希望の方は、「男女問題相談フォーム」に記入してお申込み下さい。


 


旧TOPホーム > 男女問題 > アンカップリング通信 > 家庭学校論実践1