仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 男女問題 > アンカップリング通信 >    

不倫の男女性差1

男女問題無料相談ご希望の方は、「男女問題相談フォーム」に記入してお申込み下さい。
平成12年 6月 1日:初稿 平成17年 1月 8日:更新
初めに
前回は、家庭戦場論からみた不倫問題の考え方の一例を紹介し、人の心は決して「圧力」では動かないので、不倫後の再構築を目指す場合は、不倫相手に対する損害賠償請求は原則として薦めないと言う私の方針を説明しました。今回は、不倫の発生原因等についての私の考えを披露します。

■不倫の激増傾向
自治体等の無料法律相談を担当するとその多くは借金問題と家庭問題です。又ネット上の男女問題相談コーナーを見ると、不倫の悩みが殆どであり、今後も離婚と不倫問題は増え続けるだろうと推測しています。夫と妻どちらが不倫に走る傾向が強いかというと、従前に比べると、最近は、妻が不倫をして困っているとの相談の方が多くなったような気がします。そこで先ず不倫欲求についての男女差を考察します。

不倫欲求の男女差考察-渡辺淳一氏の男女論について
数年前の大ベストセラー小説「失楽園」の著者渡邊淳一氏は、昭和47年の著作「解剖学的女性論」の中で、結婚後の男女の性差について概ね次のように述べています。
「男の性の悦びは、肉体的快感としてはうすっぺらなものであり、男にとって性感そのものより、性交に至る過程、未知なるものの探求心とか征服欲といったものの方が重要である。つまり男の性交は自分の行為が相手にいかに効果的であるか、いかに影響を持っているかの確認作業である。

 これに対し女は素直に性感そのものの悦びに浸る。相手のことに構っていない。自分がよければよい。行為のときに男が目を開き、女が目を閉じるのはこの辺りの違いを象徴的に示している。
 男は結婚により精神の緊張を失い、かつ性感も増進しない。女は結婚により精神の緊張を失うが、着実に上昇する性感がこれを補う。女の性感は、開発してくれた男に固着して成長し増強されるのに対し、男の性感は当初より薄く、発展性もないので、一人に固着しない。要するに女は本能のおもむくままに従えば、これすなわち夫への愛となり、男が本能のままに従えばこれすなわち妻への裏切りとなる。」

 男性についての記述は、私も男性として認めざるを得ません。この考え方によれば男性は本質的-肉体構造的に浮気性で、女性に比較し不倫欲求が遥かに高いことになります。

 私も以前はこの説を信奉して居ましたが、最近は、この考えは男性の思いこみによる希望的観測ではないかと思うようになりました(以下次号に続く)。(平成14年 5月 1日記)
以上:999文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック

(注)このフォームはホームページ感想用です。
男女問題無料相談ご希望の方は、「男女問題相談フォーム」に記入してお申込み下さい。


 


旧TOPホーム > 男女問題 > アンカップリング通信 > 不倫の男女性差1