仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 男女問題 > アンカップリング通信 >    

性感の男女差

男女問題無料相談ご希望の方は、「男女問題相談フォーム」に記入してお申込み下さい。
平成12年 6月 1日:初稿 平成17年 1月 8日:更新
■初めに
前回は、女性向け性ビジネスが繁盛しない理由は、男女の肉体構造の差のためであり、女性からの需要不足のためないのではないかとの疑問を呈しました。これに対し、女性側から、違う、女性は気持ちが無い相手と単なるプレイとして性行為に及ぶことはなく、そのためお金で性を買うことは本質的に出来ないとのお叱りを受けるはずです。今回はこの点についてもう少し掘り下げて考えてみます。

■性感の男女差
性による快感の程度については、男性より女性の方が遙かに高いレベルに達すると言われております。このことは、男性の射精時と女性が絶頂期に達したときの状態と比較すると明白です。男性の射精時の快感は、瞬間的で薄っぺらなものであり、男性は自分の性感より、むしろ絶頂期の女性の表情等の観察することに喜びを感じます。
勿論これは、相手の女性を大事に思っている場合の話であり、その意味では、自分だけ射精の快感を得ればよく、相手の女性の状況は、どうでも良いと思われる性行為に終始する場合、その男性は相手の女性を大事に思っていないと判断してよいでしょう。結婚後はこのようになる男性は多いようですが。

ところで、前述の渡辺淳一著「解剖学的女性論」では、性感の男女差を概ね次のように記述しています。
①男性の場合、いくら経験を積んでも一向に深化せず、薄っぺらなままである。
②女性の場合、経験乏しい当初はさほど高くないが、経験によって男性より遙かに深化し、一定時点で男性を追い抜き、その後、差が開く一方となる。
③男性は相手が誰でも性感の程度は薄っぺらなままでありが、女性の場合、性感は一人の男性に固着して成長し、教えてくれた男性に接するとき最もよく増強される

私も男性については、その通りと思っていましたが、女性の性感についての記述は、現時点では、男性の希望的観測に過ぎないとほぼ確信しております。
私は女性になったことがないですが、昨今の女性を見ていると、一人の男性に固着して性感が成長するとは、一般論としては、到底信じられません。

ある程度性体験を重ねた女性にアンケートを取ってみたいところです。(以下次号に続く)
(平成14年 7月 1日記)
以上:895文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック

(注)このフォームはホームページ感想用です。
男女問題無料相談ご希望の方は、「男女問題相談フォーム」に記入してお申込み下さい。


 


旧TOPホーム > 男女問題 > アンカップリング通信 > 性感の男女差